第52回 関屋記念 過去10年のデータ分析

平成29年8月13日
新潟競馬場 G3 第52回 関屋記念 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

H28 ヤングマンパワー
H27 レッドアリオン
H26 クラレント
H25 レッドスパーダ
H24 ドナウブルー
H23 レインボーペガサス
H22 レッツゴーキリシマ
H21 スマイルジャック
H20 マルカシェンク
H19 カンパニー

過去10年の優勝馬からはカンパニーというG1馬も誕生していますが、やはり夏場のこの時期に走る馬は今ひとつ活躍しているという感じが少ないです。
今年はここから大成する馬が出てくることを期待したいと思います。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0%
4歳 3- 4- 1- 10/ 18 16.7% 38.9% 44.4%
5歳 4- 5- 3- 49/ 61 6.6% 14.8% 19.7%
6歳 2- 1- 2- 38/ 43 4.7% 7.0% 11.6%
7歳 1- 0- 2- 18/ 21 4.8% 4.8% 14.3%
8歳 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%

圧倒的に勝率、複勝率、連対率が高いのは4歳となっています。
絶対的な出走数は少ないですが、複勝圏内に入ってくる割合は非常に高くなっています。
出走数の多い5歳も複勝圏内に入る絶対数は多いので、十分に注意は必要です。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 1-15/17 5.9% 5.9% 11.8%
2枠 0- 1- 1-15/17 0.0% 5.9% 11.8%
3枠 1- 0- 0-16/17 5.9% 5.9% 5.9%
4枠 0- 2- 1-14/17 0.0% 11.8% 17.6%
5枠 0- 1- 4-15/20 0.0% 5.0% 25.0%
6枠 0- 2- 0-18/20 0.0% 10.0% 10.0%
7枠 4- 1- 2-19/26 15.4% 19.2% 26.9%
8枠 4- 3- 1-18/26 15.4% 26.9% 30.8%

7枠と8枠で8勝2着4回と圧倒的に外枠が有利になっています。
芝1000m直線コースと違うのですが、やはり外枠の方が外に持ち出しやすいのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
平地・先行 3- 4- 2- 27/ 36 8.3% 19.4% 25.0%
平地・中団 2- 1- 4- 60/ 67 3.0% 4.5% 10.4%
平地・後方 3- 5- 3- 36/ 47 6.4% 17.0% 23.4%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

最後の直線が長いコース形状ということもあって、どの脚質でも勝負が出来る結果になっています。
どちらかと言えば、前で競馬する馬の方が成績は良くなっていますが、後ろからの馬でも十分に届く結果になっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 3- 1- 3/ 10 30.0% 60.0% 70.0%
2番人気 2- 2- 0- 6/ 10 20.0% 40.0% 40.0%
3番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
4番人気 3- 0- 0- 7/ 10 30.0% 30.0% 30.0%
5番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
6番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
7番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
9番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
13番人気 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
14番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%

1着馬に関しては6番人気まで、2着馬に関しては7番人気までしか入っていませんので、比較的人気どおりに決着するレースと言えると思います。
ただし、3着馬は13番人気まで満遍なく出ていますので、荒れるとすれば3着と言えると思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 1- 1- 16/ 21 14.3% 19.0% 23.8%
前走2着 0- 3- 1- 7/ 11 0.0% 27.3% 36.4%
前走3着 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
前走4着 0- 2- 1- 6/ 9 0.0% 22.2% 33.3%
前走5着 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
前走6~9着 5- 0- 5- 34/ 44 11.4% 11.4% 22.7%
前走10着~ 2- 2- 1- 51/ 56 3.6% 7.1% 8.9%

前走が1着、2着の馬も好走しているのですが、6着以下の馬も7-2-6-85となっており、無視できない存在となっています。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中京記念HG3 2- 2- 1-31/36 5.6% 11.1% 13.9%
安田記念G1 2- 1- 0- 5/ 8 25.0% 37.5% 37.5%
ダービーHG3 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7%
多摩川H1600 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
パラダイ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
福島記念HG3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
飛鳥S1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
天皇賞秋G1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
エプソムG3 0- 3- 0- 7/10 0.0% 30.0% 30.0%
鳴尾記念G3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
都大路SH 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
阪急杯G3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ストーH1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ヴィクトG1 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
米子SH 0- 0- 1-17/18 0.0% 0.0% 5.6%
谷川岳S 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
バーデンH 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
NST賞 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
NHKマG1 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
福島民報 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
カルミア500* 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

3着以内に入ってきた馬の前走を調べると上表のようになるのですが、比較的重賞を使われた馬も多く、夏に入ったこのレースで捲土重来という馬が多いのかもしれません。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense