第53回 農林水産省賞典小倉記念 過去10年のデータ分析

平成29年8月6日
小倉競馬場 G3 第53回 農林水産省賞典小倉記念 芝2000m

◆過去10年の優勝馬

H28 クランモンタナ
H27 アズマシャトル
H26 サトノノブレス
H25 メイショウナルト
H24 エクスペディション
H23 イタリアンレッド
H22 ニホンピロレガーロ
H21 ダンスアジョイ
H20 ドリームジャーニー
H19 サンレイジャスパー

後にG1を勝つドリームジャーニーを輩出したレースですが、基本的には、このあたりが限界という馬が勝っていることが多いようです。
それだけに、ここに賭ける馬も多いとは思っています。
とはいえ、どの馬も今後の可能性を模索してここに挑戦してきているわけですから、頑張って欲しいと思っています。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 2- 0- 1/ 3 0.0% 66.7% 66.7%
4歳 3- 3- 0- 16/ 22 13.6% 27.3% 27.3%
5歳 4- 2- 7- 34/ 47 8.5% 12.8% 27.7%
6歳 0- 2- 2- 33/ 37 0.0% 5.4% 10.8%
7歳 2- 1- 1- 20/ 24 8.3% 12.5% 16.7%
8歳 1- 0- 0- 12/ 13 7.7% 7.7% 7.7%

出走数は少ないですが、3歳馬の連対率の高さは目を引きます。
あえてここを使ってくるということが自信があって向かってきていると言えるかもしれません。
4歳と5歳の若い世代は高い複勝率を誇っています。
基本的には若い馬からと言えるとは思いますが、7歳馬も頑張っているように感じられますので、一概には言いきれないと思います。

○斤量

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~49kg 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
49.5~51kg 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
51.5~53kg 2- 1- 4- 30/ 37 5.4% 8.1% 18.9%
53.5~55kg 4- 3- 1- 41/ 49 8.2% 14.3% 16.3%
55.5~57kg 4- 6- 2- 33/ 45 8.9% 22.2% 26.7%
57.5~59kg 0- 0- 3- 6/ 9 0.0% 0.0% 33.3%
59.5~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

このレースはハンデ戦ですから斤量も大きな要素になると思います。
複勝率は57.5kg~59kgと比較的重い馬が健闘していますが、1着と2着はなく、3着のみと言うところは気がかりです。
逆に1着と2着を多数輩出しているのは55.5kg~57kgとなっており、適当なハンデの馬が好走していると言えると思います。
また、53.5kg~55kgの馬も勝率は負けていませんので、こちらも気をつける必要があるかと思います。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 2-11/14 0.0% 7.1% 21.4%
2枠 2- 0- 2-12/16 12.5% 12.5% 25.0%
3枠 3- 1- 1-12/17 17.6% 23.5% 29.4%
4枠 0- 1- 0-16/17 0.0% 5.9% 5.9%
5枠 0- 4- 1-14/19 0.0% 21.1% 26.3%
6枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%
7枠 1- 0- 2-20/23 4.3% 4.3% 13.0%
8枠 3- 1- 2-18/24 12.5% 16.7% 25.0%

勝率は2枠、3枠、8枠が高く、連対率は1枠、4枠、7枠が悪いなど、特に特徴的な傾向は無いと思います。
どの枠順であっても比較的問題ないと思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 1- 10/ 11 0.0% 0.0% 9.1%
平地・先行 5- 4- 5- 19/ 33 15.2% 27.3% 42.4%
平地・中団 4- 5- 1- 51/ 61 6.6% 14.8% 16.4%
平地・後方 0- 1- 3- 39/ 43 0.0% 2.3% 9.3%
平地・マクリ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%

勝率、連対率、複勝率ともに高くなっている先行が有利となっています。
とはいえ、1着と2着の絶対数は中団も負けてはいませんので、軽視は禁物だと思います。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 0- 3- 2- 5/ 10 0.0% 30.0% 50.0%
2番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 3- 0- 1- 6/ 10 30.0% 30.0% 40.0%
4番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
7番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
10番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
11番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
16番人気 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
17番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

上位人気馬とはいえ苦戦している傾向が見て取れるようです。
6番人気でも2-1-1-6の成績を残していますので、あまり人気馬を中心とすることは難しいのかもしれません。
16番人気が勝ったり、15番人気が2着に入ったりもしていますので、非常に難解なレースなのだと思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 1- 2- 4- 16/ 23 4.3% 13.0% 30.4%
前走2着 2- 1- 0- 8/ 11 18.2% 27.3% 27.3%
前走3着 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
前走4着 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
前走5着 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
前走6~9着 2- 3- 4- 32/ 41 4.9% 12.2% 22.0%
前走10着~ 3- 1- 1- 40/ 45 6.7% 8.9% 11.1%

このレースに関しては前走の着順は全く当てに出来ないと言えると思います。
もともと前走6着以下の馬が多数出走しているのですが、結果も5-4-5-72と3着内に入った馬の半数がこの中から出ています。
このことからも荒れやすいレースだと言えると思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense