第17回 アイビスサマーダッシュ 予想&結果

平成29年7月30日
新潟競馬場 G3 第17回 アイビスサマーダッシュ 芝1000m

◎ 9 ネロ
○ 16 アクティブミノル
▲ 10 フィドゥーシア
△ 3 プレイズエターナル
× 7 シンボリディスコ

新潟競馬場ではG3のアイビスサマーダッシュが行われます。
芝1000mの直線コースでの戦いというコーナーが全くない唯一の重賞になりますので、適性とコース取りが非常にものを言うレースです。
スピード自慢が集まって、今年も迫力のあるレースが見られるものと期待しています。

◎印は9 ネロ。
6か月の休養明けは気になるところですが、このメンバーであれば実績は1枚上だと思います。
新潟競馬場の芝1000mも過去5走して1着2回2着3回とパーフェクト連対と非常に得意としています。
鞍上も戸崎圭太騎手となっておりますので、死角が見あたらないと思っています。

○印は16 アクティブミノル。
3歳時のG2のセントウルステークス勝ち以来、長いトンネルに入っていましたが、前走のG3のCBC賞で3着と復活の兆しが見えてきたと思っています。
初めて着けたブリンカーの効果が出たのかもしれません。
新潟競馬場の芝1000mは初めての経験となりますが、前走も芝1200mでハナを切って逃げたことから、スピードの絶対値は高いと思います。
それに加えて、大外の一番有利な枠を引いていますので、そのまま逃げ切れる可能性も高いと思っています。

▲印は10 フィドゥーシア。
前走は同条件のオープン特別の韋駄天ステークスで1着。
その前走も逃げ切り勝ちですので、このレースも包まれず外に出してこれるのではないかと思っています。
もちろん、前走の優勝で直線競馬への適性も示したので、ここでも上位進出は可能だと思います。

△印は3 プレイズエターナル。
この馬は近2走が同条件のレースとなっており、1600万下の駿風は優勝、オープン特別の韋駄天ステークスは6着となっています。
その韋駄天ステークスではスタートで出遅れということであり、上がり3Fは最速タイとなっていますので、適性は非常に高いと思いますし、好勝負になるのではないかと思っています。
現在のところ7番人気と人気を落としていますが、楽しみな一頭です。

×印は7 シンボリディスコ。
すでに7歳馬となっており、少しずつ力が落ちているためか、近走はあまり好成績はありません。
しかし、この新潟競馬場芝1000mだけは上位進出が多く、前走のオープン特別の韋駄天ステークスでも2着に入っています。
この条件では2着3回3着1回と好走事例が多く、穴を開けるとすればこの馬かもしれないと思っています。

【結果】
1着   15 ラインミーティア
2着 ▲ 10 フィドゥーシア
3着   14 レジーナフォルテ
4着 ○ 16 アクティブミノル
5着    5 アースエンジェル

1着には15 ラインミーティアが入って波乱の結果となりました。
同条件のレースを中心に使われてきた直線競馬のスペシャリストではあるのですが、まだ1600万下の馬の格上挑戦でしたから、少し軽く見ていました。
失礼ながら騎手も西田雄一郎騎手でしたから大きな期待も出来ないと思っていたので、結果として驚きが大きいです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense