第65回 北海道新聞杯クイーンステークス 予想&結果

平成29年7月30日
札幌競馬場 G3 第65回 北海道新聞杯クイーンステークス 芝1800m

◎ 12 アドマイヤリード
○ 6 マキシマムドパリ
▲ 4 クインズミラーグロ
△ 2 アエロリット
× 3 シャルール

札幌競馬場ではG3の北海道新聞杯クイーンステークスが行われます。
かなり有力な牝馬がここを目標にすることも多いので、非常に期待できる一戦だと思います。

◎印は12 アドマイヤリード。
前走は初の重賞勝利がG1勝利となるヴィクトリアマイル優勝でした。
やはりこの馬が中心となってこのレースは進むのかと思います。
昨年秋以降は条件戦・重賞戦ともに挑戦していますが、連続連対を果たしているため、ここ最近の充実ぶりは目を見張るものがあると思います。
初の北海道参戦で洋芝への適応が微妙なところですが、重馬場を苦にしないことから、力のいる馬場にも対応は可能だと思います。

○印は6 マキシマムドパリ。
今年に入ってからG3を2勝している実績上位馬になります。
2走前のオープン特別の大阪城ステークスでは13着に惨敗していますが、これはレース中に捻挫したとのことなので度外視して良いと思います。
その影響は、前走のG3のマーメイドステークス優勝で問題ないことが証明されていると思います。
3走前もG3の愛知杯を優勝していますし、今回も好走が期待されると思います。
昨年の夏に函館競馬場で2戦していますが、1着と3着となっていますので、洋芝が苦手ということはないと思います。

▲印は4 クインズミラーグロ。
現在のところ8番人気と大きく人気を落としていますが、今年に入ってからの4走がすべて重賞でそのすべてで3着以内に入っている堅実な馬です。
この馬も昨年の夏に札幌競馬場で2走していますが、3着と4着に入っています。
どちらのレースも上がり3Fは上位のタイムとなっていますので、洋芝適性も大丈夫だと思います。
ここ最近の安定感をここでも見せられれば、十分に上位進出は可能だと思います。

△印は2 アエロリット。
前走はG1のNHKマイルカップで優勝していますので、軽視はできない一頭です。
3歳馬ということもあり、斤量の52kgもかなり魅力的に映ります。
G1の桜花賞こそ5着とぎりぎり掲示板に載る程度でしたが、その他のレースはすべて連対していますので、実力としては現3歳世代でもかなり上位だと思います。
問題としては初の1800m戦がどう出るかということと、洋芝への適性だと思います。
桜花賞は稍重の馬場で5着となっているので、パワーの必要な馬場になると少し割引が必要かもしれないと思っています。

×印は3 シャルール。
昨年秋以降の4戦の成績が案外なので、このレースでは現在9番人気と大きく人気を落としています。
しかし、5走前が昨年のこのレースで頭差2着に入っています。
札幌競馬場では1着1回2着3回とパーフェクト連対中ですから、札幌競馬場への適性は非常に高いと思っています。
もしかしたらここで復活劇が見られるかもしれません。

【結果】
1着 △  2 アエロリット
2着    1 トーセンビクトリー
3着 ▲  4 クインズミラーグロ
4着    8 クロコスミア
5着   13 エテルナミノル

1着は2 アエロリットが逃げ切り勝ち。
スタートから大逃げを打ち、最後の直線で再度突き放すという強い内容でした。
ペースとしては平均ペースといった感じですから、楽に逃がしてしまった他馬の騎手が少し責められるべきかもしれません。
2着の1 トーセンビクトリーは予想外。
ここのところ凡走が続いていたので切ったとたんに好走。
難しいものです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense