第17回 アイビスサマーダッシュ 過去10年のデータ分析

平成29年7月30日
新潟競馬場 G3 第17回 アイビスサマーダッシュ 芝1000m

◆過去10年の優勝馬

H28 ベルカント
H27 ベルカント
H26 セイコーライコウ
H25 ハクサンムーン
H24 パドトロワ
H23 エーシンヴァーゴウ
H22 ケイティラブ
H21 カノヤザクラ
H20 カノヤザクラ
H19 サンアディユ

直線コースで行われるJRA唯一の重賞となっており、かなり特殊なコースであることから得意とする馬が好成績を収めやすいのかもしれません。
過去2回連覇した馬がいますので、やはりコースの相性がものを言いやすいのかも知れません。

◆過去10年のデータ分析

○馬齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 1- 2- 11/ 14 0.0% 7.1% 21.4%
4歳 4- 2- 1- 8/ 15 26.7% 40.0% 46.7%
5歳 4- 5- 4- 32/ 45 8.9% 20.0% 28.9%
6歳 1- 2- 3- 37/ 43 2.3% 7.0% 14.0%
7歳 1- 0- 0- 27/ 28 3.6% 3.6% 3.6%
8歳 0- 0- 0- 13/ 13 0.0% 0.0% 0.0%

4歳と5歳がかなり有利にレースを運んでいると言えると思います。
3歳と6歳以上は明らかに連対率や複勝率が悪くなっており、瞬発力と持続力がバランスするのが4歳から5歳という年齢なのかもしれません。

○枠順

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 0- 1-16/17 0.0% 0.0% 5.9%
2枠 2- 1- 3-11/17 11.8% 17.6% 35.3%
3枠 0- 1- 0-16/17 0.0% 5.9% 5.9%
4枠 1- 0- 0-19/20 5.0% 5.0% 5.0%
5枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0%
6枠 0- 3- 1-16/20 0.0% 15.0% 20.0%
7枠 2- 1- 4-19/26 7.7% 11.5% 26.9%
8枠 4- 4- 0-17/25 16.0% 32.0% 32.0%

このコースは外枠有利が定説だと思われるのですが、2枠が不思議と好成績になっています。
ただ、7枠や8枠はやはり複勝率は高くなっており、スタートからゴールまで外を走れることは非常に有利な条件になると思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 3- 1- 13/ 19 10.5% 26.3% 31.6%
平地・先行 4- 3- 3- 22/ 32 12.5% 21.9% 31.3%
平地・中団 4- 2- 5- 52/ 63 6.3% 9.5% 17.5%
平地・後方 0- 2- 1- 45/ 48 0.0% 4.2% 6.3%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

直線コースのレースですから、最初から最後まで仕掛けどころになり得るレースだと思われますが、前で競馬する馬が有利になっています。
前にポジションを取って、外ラチ沿いを走るのがセオリーなのかもしれません。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5- 1- 0- 4/ 10 50.0% 60.0% 60.0%
2番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
4番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
5番人気 0- 3- 1- 6/ 10 0.0% 30.0% 40.0%
6番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
7番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
11番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1%
14番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
17番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%

基本的には人気馬で決着することが多いレースに思えます。
5番人気までの成績は7-7-6-30であり、比較的実力どおりに結果が出るレースと言えると思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 1- 0- 5- 15/ 21 4.8% 4.8% 28.6%
前走2着 1- 3- 1- 11/ 16 6.3% 25.0% 31.3%
前走3着 2- 2- 0- 7/ 11 18.2% 36.4% 36.4%
前走4着 2- 0- 1- 9/ 12 16.7% 16.7% 25.0%
前走5着 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
前走6~9着 0- 3- 1- 30/ 34 0.0% 8.8% 11.8%
前走10着~ 2- 0- 2- 50/ 54 3.7% 3.7% 7.4%

前走5着までの馬が好走していると言えると思います。
先ほどの人気馬が好走しているということとリンクしている結果と言えると思います。
なお、複勝圏内に入ってきた馬の前走は次のとおりとなっています。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
CBC賞HG3 5- 2- 0-14/21 23.8% 33.3% 33.3%
函館スプG3 2- 2- 2-16/22 9.1% 18.2% 27.3%
京葉SH 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
ルミエー 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
テレビH1600 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
バーデンH 0- 4- 3-33/40 0.0% 10.0% 17.5%
テレビユ1600 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%
韋駄天SH 0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6%
米子SH 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
知多特別1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
AQスG1 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

やはりG3のCBC賞や函館スプリントステークスを戦ってきた馬が強いという結果になっていると思われます。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense