第17回 チャンピオンズカップ 予想&結果

平成28年12月4日
中京競馬場 G1 第17回 チャンピオンズカップ ダート1800m

◎ 2 アウォーディー
○ 11 コパノリッキー
▲ 8 サウンドトゥルー
△ 9 ノンコノユメ
× 14 アポロケンタッキー

中京競馬場ではG1のチャンピオンズカップが行われます。
ダート一線級のメンバーが多数参戦して、ダート王を決めるにふさわしいレースになりそうです。
それだけに予想は難しく感じられます。

◎印は2 アウォーディー。
ダートに転向してから6戦6勝とまだ全く底を見せていない馬です。
先頭に立つと遊ぶ癖があるらしく、仕掛け時が難しいとのことですが、そこは武豊騎手が手の内に入れているでしょうから心配していません。
そのため、それほど大差で勝つイメージはないですが、常に余裕のあるレースをしているようです。
JBCクラシックで上位陣とも対戦し、勝利を収めていますので、大きく崩れることは想像しにくいです。

○印は11 コパノリッキー。
前走のJBCクラシックは2 アウォーディーの5着で8 サウンドトゥルーや9 ノンコノユメにも敗れています。
ただ、このレースは引っかかってスムーズなレースが出来なかったとのことなので、少し割り引いて考えてもいいかと思っています。
その前3走は、南部杯・帝王賞・かしわ記念と交流G1を3連勝していますので、ここはその持っている能力を見直す必要があると思っています。
心配は東京競馬場や中京競馬場で破れるケースが目立つことです。
このレースでは、昨年は0.8秒差7着、一昨年は1.2秒差12着と苦戦が目立っています。
とはいえ、中京競馬場ではG2の東海ステークスでは0.8秒差の圧勝劇を演じたり、東京競馬場ではフェブラリーステークスを勝っていたりするので、左回りが絶対的に苦手というわけではないと思います。

▲印は8 サウンドトゥルー。
JBCクラシックでは2 アウォーディーから0.3秒差3着。
勝てないまでも惜しいレースが続いている印象です。
この馬も交流G1の東京大賞典を昨年末に勝っていて、この時は11 コパノリッキーに1.5秒差をつける圧勝。
この馬の地力も侮れないと思います。

△印は9 ノンコノユメ。
この馬は気性難が災いして勝ちきれないレースが続いているようです。
去勢して精神面には落ち着きが見られるとのことですが、去勢初戦のJBCクラシック(JRAデータより)では4着に敗れています。
どこまで効果が見込めるか分かりませんが、3歳時にG1のジャパンDダービーに勝っているほどの馬ですから、巻き返しには期待したいところです。
その他にも、去勢前にフェブラリーステークスで2着もありますので、実力は上位だと思っています。

×印は14 アポロケンタッキー。
この馬は初のG1挑戦ですが、どこまで走れるか楽しみな1頭です。
上位陣との直接対決がないため、力関係は不明ですが、前走で重賞初制覇した勢いでどこまで食い込めるかを楽しみにしたいと思います。
ただ、レース間隔が短いので疲れがたまっていないかが心配です。

【結果】
1着 ▲  8 サウンドトゥルー
2着 ◎  2 アウォーディー
3着    4 アスカノロマン
4着    1 カフジテイク
5着 × 14 アポロケンタッキー

1着は8 サウンドトゥルー。
外からすごい脚で追い込んでの勝利。
ゴール前きっちり2 アウォーディーを交わしての勝利です。
2 アウォーディーも完璧だったとは思うのですが、8 サウンドトゥルーの末脚が一枚上手でした。

3着4着は10番人気と11番人気と2桁人気馬。
この2頭にはさすがに印は打てないです・・・。
何か見所があったのかなと思うのですが、好走の理由はよく分からないです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense