第22回 マーメイドステークス 過去10年のデータ分析

平成29年6月11日
阪神競馬場 G3 第22回 マーメイドステークス 芝2000m

◆過去10年の優勝馬

H28 リラヴァティ
H27 シャトーブランシュ
H26 ディアデラマドレ
H25 マルセリーナ
H24 グルヴェイグ
H23 フミノイマージン
H22 ブライティアパルス
H21 コスモプラチナ
H20 トーホウシャイン
H19 ディアチャンス

この時期の芝2000mですが、宝塚記念には少し厳しい時期のようです。
勝ち馬はこの後、数戦してエリザベス女王杯に向かうことが多くなっています。

◆過去10年のデータ分析

○馬齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
4歳 2- 1- 5- 30/ 38 5.3% 7.9% 21.1%
5歳 6- 6- 3- 55/ 70 8.6% 17.1% 21.4%
6歳 2- 3- 1- 17/ 23 8.7% 21.7% 26.1%
7歳 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
8歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

勝ち馬の絶対数は5歳馬が多く、6勝と抜けた成績になっています。
しかし、勝率、連対率、複勝率は6歳馬が最高となっていて、十分通用すると思われます。
なお、3歳及び7歳以上はあまり成績は良くないので、充実期の4歳から6歳を狙うことが結果に繋がりやすいと思われます。

○斤量

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~49kg 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
49.5~51kg 0- 3- 1- 25/ 29 0.0% 10.3% 13.8%
51.5~53kg 7- 4- 5- 35/ 51 13.7% 21.6% 31.4%
53.5~55kg 1- 2- 2- 27/ 32 3.1% 9.4% 15.6%
55.5~57kg 1- 1- 2- 15/ 19 5.3% 10.5% 21.1%

このレースはハンデ戦ですから、斤量も大きな要素になると思われます。
成績が良いのは51.5kgから53kgであり、7勝を挙げるとともに複勝率も31.4%と抜けた成績になっています。
このあたりの手頃なハンデの馬が好走しやすい傾向があると思います。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 0- 1-10/13 15.4% 15.4% 23.1%
2枠 0- 1- 1-11/13 0.0% 7.7% 15.4%
3枠 1- 0- 0-16/17 5.9% 5.9% 5.9%
4枠 0- 2- 3-13/18 0.0% 11.1% 27.8%
5枠 1- 2- 2-15/20 5.0% 15.0% 25.0%
6枠 3- 1- 1-15/20 15.0% 20.0% 25.0%
7枠 1- 3- 1-15/20 5.0% 20.0% 25.0%
8枠 2- 1- 1-16/20 10.0% 15.0% 20.0%

このレースに関しては枠番による有利不利はあまりなさそうです。
内枠でも中間枠でも外枠でも安定した成績が残されていると思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 3- 0- 6/ 10 10.0% 40.0% 40.0%
平地・先行 2- 2- 1- 31/ 36 5.6% 11.1% 13.9%
平地・中団 5- 3- 5- 43/ 56 8.9% 14.3% 23.2%
平地・後方 2- 2- 4- 30/ 38 5.3% 10.5% 21.1%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

逃げが10頭中4頭が連対しており、前が残ることが多いレースと言えると思います。
しかし、中団の馬も複勝率は23.2%、後方の馬も複勝率は21.1%となっているので、後ろの馬も十分に差してこれると思われます。
脚質はあまり大きな要因にはなりにくいコースなのだと思います。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
2番人気 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
3番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
4番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
5番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
6番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
7番人気 1- 3- 0- 6/ 10 10.0% 40.0% 40.0%
8番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
9番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
13番人気 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%
14番人気 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
15番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

ハンデ戦らしく人気と着順が均衡しない結果となっています。
下位人気でも上位に入ってくるので、要注意だと思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 4- 1- 18/ 26 11.5% 26.9% 30.8%
前走2着 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
前走3着 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
前走4着 1- 1- 0- 10/ 12 8.3% 16.7% 16.7%
前走5着 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2%
前走6~9着 3- 2- 4- 23/ 32 9.4% 15.6% 28.1%
前走10着~ 1- 2- 4- 42/ 49 2.0% 6.1% 14.3%

前走1着の馬は3-4-1-18と好走していますが、反面、前走6着以下の馬も3-4-8-65と好走していると言えると思います。
やはりハンデ戦ですから、そのあたりも考慮してハンデが決められているように見受けられます。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense