第67回 農林水産省賞典安田記念 予想&結果

平成29年6月4日
東京競馬場 G1 第67回 農林水産省賞典安田記念 芝1600m

◎ 15 イスラボニータ
○ 18 ステファノス
▲ 8 エアスピネル
△ 4 アンビシャス
× 13 ロジチャリス

東京競馬場ではG1の安田記念が行われます。
今年前半のマイル王決定戦になりますので、実績馬有り、新興勢力有りとメンバーも揃って楽しみな一戦になりそうです。
ただ、絶対的な実力の持ち主もいないようですので、予想は非常に難しいと思います。

◎印は15 イスラボニータ。
前走はG2のマイラーズカップで1着となっていますので、ここでも有力な一頭だと思います。
どんな相手でも相手なりに走りますし、東京競馬場でもG3の富士ステークス2着や昨年の安田記念の5着などがありますから、特に問題ないと思います。
ルメール騎手を鞍上に迎えてからの充実ぶりは目を引くものがありますので、ここでも好勝負が可能だと思っています。
ルメール騎手にとっても4週連続G1勝利を賭けての勝負になりますので、気合いが入っていると思います。

○印は18 ステファノス。
◎印を打った15 イスラボニータもそうなのですが、私が狙っていた馬は外枠lに入ってしまったのが少し残念なところです。
ただ、15 イスラボニータはルメール騎手、18 ステファノスは戸崎圭太騎手と有力騎手が乗っていますので、何とかしてくれるのではないかと期待しています。
この馬は前走はG1の大阪杯でキタサンブラックの0.1秒差2着と好走。
私が古馬で一番強いと思っているキタサンブラックとこの差であれば、今回のメンバーが相手であれば、好走が期待出来ると思っています。
久しぶりのマイル戦がどう出るか難しいところですが、3年前の富士ステークスでこのコースで優勝していますので、対応出来るのではないかと思っています。

▲印は8 エアスピネル。
3歳時にはクラシックの王道で戦っていましたので、重賞勝利からは遠ざかっていましたが、古馬になってからはマイルに目標を定めて使われており、G3の京都金杯の優勝を始めとしてすべてが3着以内と次期マイル王目指して頑張っているようです。
2歳時にも新馬、G2のデイリー杯2歳ステークスとマイル戦を連勝していますので、やはりマイルには高い適性を持っているのだと思います。
前走のG2のマイラーズカップでは15 イスラボニータの0.1秒差2着となっていますが、これは比較的スローとなったレースの4コーナーでの位置取りの差が出ただけで、上がり3Fのタイムは同タイムでしたから、力量差はあまりないと思っています。

△印は4 アンビシャス。
この馬は昨年のG1の宝塚記念の大敗以外は堅実な走りをしている一頭です。
マイルから2000mまでが守備範囲であり、宝塚記念の2200mは少し長かったのでしょう。
前走はG1の大阪杯で0.4秒差5着と好走しています。
昨年はG2だった産経大阪杯で優勝したり、G1の天皇賞(秋)で4着だったりと非常に充実していたと思います。
東京競馬場も昨年のG2の毎日王冠でクビ差2着に入っていますし、前述したように天皇賞(秋)で4着でしたから、問題ないと思っています。

×印は13 ロジチャリス。
前走はG3のダービー卿チャレンジトロフィーで1着となっています。
このレースから向かってきた馬では過去10年で2頭が優勝していますので、この馬にも期待したいと思っています。
東京競馬場もG3のエプソムカップで4着となっていますので、それほど問題はないと思います。
現在のところ13番人気と人気薄になっていますので、前走と同じように前目に付けてレースができれば一発があれば、馬券的には楽しいと思います。

【結果】
1着   14 サトノアラジン
2着   16 ロゴタイプ
3着    6 レッドファルクス
4着    7 グレーターロンドン
5着 ▲  8 エアスピネル

1着は14 サトノアラジンが外から伸びて差し切り勝ち。
2着には内で逃げ粘った16 ロゴタイプと伏兵馬同士で決着して、馬連は万馬券になりました。
絶対的な王者不在で結果も9着くらいまでは大きな差のないレースとなって、展開一つでどの馬が来てもおかしくなかったレースでした。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense