第70回 農林水産省賞典鳴尾記念 予想&結果

平成29年6月3日
阪神競馬場 G3 第70回 農林水産省賞典鳴尾記念 芝2000m

◎ 8 スマートレイアー
○ 4 スズカデヴィアス
▲ 5 バンドワゴン
△ 9 ステイインシアトル
× 1 ラストインパクト

阪神競馬場ではG3の鳴尾記念が行われます。
宝塚記念の前哨戦に位置付けされるレースですので、ここでの勝ち馬が宝塚記念でも好走してくれると嬉しいと思います。
今回は出走馬が10頭と少頭数になり、メンバー的にも少し寂しい感じもありますが、逆に紛れが少ないのかもしれないと思っています。

◎印は8 スマートレイアー。
このメンバーの中では重賞実績と現在の調子ともに抜けた一頭だと思います。
今年も前走のG1のヴィクトリアマイルで0.2秒差4着、2走前のG2の京都記念で0.2秒差2着と好走を続けています。
すでに7歳というところに少し不安がありますが、この成績を見る限りは、それほど大きな衰えは無いと思っています。
過去1年以上、掲示板を外したことが無い安定感も良いと思います。

○印は4 スズカデヴィアス。
前走はG1の大阪杯で1.4秒差の11着と大敗しています。
ただ、このレースは相手が強すぎたことが大きな原因で、この馬なりには走れていると思っています。
2走前のG2の金鯱賞では0.2秒差3着に入ったように、このメンバーであれば、実力は上位だと思っています。
今回は騎手が横山典弘騎手に変わることも新味が出そうで期待しているところです。

▲印は5 バンドワゴン。
6歳ながらまだ8戦しかしていない新星(?)です。
前走で1600万下を勝ち上がっての重賞挑戦になります。
重賞挑戦は3歳時のG3のきさらぎ賞で2着に入っていますが、この時期の重賞挑戦は考慮外でよいと思います。
阪神競馬場は4戦3勝と相性の良いコースだと思います。
現在の調子と先週までG1を3連勝中のルメール騎手の手腕に期待したいと思います。

△印は9 ステイインシアトル。
この馬も6歳ながらまだ9戦しかしていない馬になります。
2走前に1600万下を勝ち上がって、前走はオープン特別で0.4秒差6着となっています。
今回はクラス慣れも見込めますし、騎手も武豊騎手に戻りますので、このメンバーであれば、上手く先手を取って粘り込めるのではないかと思っています。
この馬も阪神競馬場は1勝2着1回と相性は良いと思います。

×印は1 ラストインパクト。
芝を諦めてダートに挑戦したのですが、2戦して8着、9着と結果を出せませんでした。
実績のある芝に戻ってきて、どのような走りを見せるか気になるところです。
もともと芝であれば2年半前のG2の金鯱賞でレコード勝ちしたり、一昨年のジャパンカップで2着に入ったりと実力は上位の馬です。
さすがに7歳になって年齢的な衰えなのか最近はあまり実績を残せていないのが残念なところです。
このレースでは前走に引き続きベテランの四位洋文騎手の騎乗になります。
この騎手は最近あまり勝ち星こそ無いですが、やはり上手いと思っていますので、一発の大駆けがあるかもしれないと思っています。

【結果】
1着 △  9 ステイインシアトル
2着 ◎  8 スマートレイアー
3着    3 マイネルフロスト
4着 ○  4 スズカデヴィアス
5着    2 スピリッツミノル

1着は9 ステイインシアトルが初の重賞制覇。
逃げてスローに持ち込んで最後まで粘り込むという自らの走りでの勝ち方。
ただ、ちょっと他の馬が不甲斐ないかと思います。
最近、前半が超スローペースになって逃げ切られるパターンが多いような気がします。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense