第131回 農林水産省賞典目黒記念 予想&結果

平成29年5月28日
東京競馬場 G2 第131回 農林水産省賞典目黒記念 芝2500m

◎ 1 モンドインテロ
○ 2 ヴォルシェーブ
▲ 5 アルター
△ 4 カフジプリンス
× 3 サラトガスピリット

東京競馬場ではG2の目黒記念が行われます。
日本ダービーが第10レースに行われたあとの最終レースとなりますので、一発逆転を狙う人も多くいらっしゃるかもしれません。
ただ、ハンデ戦ですので、予想は日本ダービーより難しいかもしれません。

◎印は1 モンドインテロ。
前走はG1の大阪杯で0.9秒差8着と大きく負けています。
しかし、2走前はG2の日経新春杯で0.3秒差3着、3走前はG2のステイヤーズステークスで0.3秒差3着と距離が伸びれば良い結果が出てくるものと思っています。
大阪杯はG1ですから相手関係も強力だったと思います。

○印は2 ヴォルシェーブ。
前走のオープン特別のメトロポリタンステークスが強い勝ち方だったようで、現在1番人気に推されています。
重賞では、2走前のG2の金鯱賞では0.6秒差9着に敗れていますが、3走前はアルゼンチン共和国杯でシュヴァルグランの0.1秒差3着ですから、この馬も距離が伸びれば良い成績に繋がってくると思います。
ただ、ハンデはそのアルゼンチン共和国杯の時は55kgだったのに対して、今回は56.5kgです。
アルゼンチン共和国杯と目黒記念が同じコースだとはいえ、少し悩ましいところです。

▲印は5 アルター。
前走で1600万下を勝ち上がって重賞初挑戦になります。
そのためまだ人気はあまりないようで、現在のところ10番人気です。
しかし、この馬もスタミナは豊富なようで、長距離戦にも関わらず、末脚はしっかりしており、東京の長い直線でこそ実力を発揮する馬のような気がします。
ハンデは55kgと1600万下を勝ち上がっただけの馬にしては見込まれたような感もありますが、ここのメンバーに入っても遜色ないと思います。

△印は4 カフジプリンス。
この馬は3歳時にはG1の菊花賞でサトノダイヤモンドの0.9秒差8着という長距離の実績があります。
また、G3のダイヤモンドステークスではスタミナ自慢のアルバートから0.4秒差3着とこの馬もスタミナは豊富だと思われます。
先行して大きく負けていない走りにも安定感がありますので、ここでも通用するかもしれません。

×印は3 サラトガスピリット。
この馬も前走で1600万下を勝ち上がったところの一頭です。
近走では3着以内に入り続けている安定した走りを見せています。
重賞挑戦は3歳時のG2の神戸新聞杯以来となりますが、それからは大きく成長しているものと思われます。
ハンデも54kgと手頃なので、一発の激走が見られるかもしれません。

【結果】
1着   12 フェイムゲーム
2着 ○  2 ヴォルシェーブ
3着    9 ハッピーモーメント
4着   18 クリプトグラム
5着   17 レコンダイト

1着は8番人気の12 フェイムゲーム。
ルメール騎手は今日も1着3回2着3回3着1回となっており、そのうち重賞で2勝と絶好調です。
このレースのように人気が無い馬でも突っ込んでくるので、やはり上手いのでしょう。
少し日本人騎手と差が大きすぎるような気もしますので、日本人騎手にももっともっと頑張ってほしいところです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense