第62回 京王杯スプリングカップ 予想&結果

平成29年5月13日
東京競馬場 G2 第62回 京王杯スプリングカップ 芝1400m

◎ 10 レッドファルクス
○ 4 サトノアラジン
▲ 3 キャンベルジュニア
△ 9 グランシルク
× 7 ブラヴィッシモ

東京競馬場ではG2の京王杯スプリングカップが行われます。
安田記念の前哨戦として有力馬の参加もあって楽しみなレースです。
しかし、天候が良くなく、発走までにどこまで馬場が渋るのか読み切れないところが多少不安なところです。

◎印は10 レッドファルクス。
別定重量58kgは出走馬唯一ということとこの馬自身も初の斤量になりますので、どこまで耐えられるかが勝負になると思います。
昨年秋のスプリンターズステークスで優勝、今年春の高松宮記念で3着と実力は誰しもが認めるところです。
芝1400mの距離もかなり微妙で、基本的には芝1200mを得意とするスプリンターだと思います。
ただ、相手関係はかなり楽だと思われますので、ここでも◎印にしてみました。

○印は4 サトノアラジン。
昨年のこのレースの覇者ですから、コース適性は疑うところはないと思います。
基本的には陣営がスプリンターズステークスよりもマイルチャンピオンシップや安田記念を目指していることからマイラーなのかもしれません。
ただ重賞勝ちは昨年のこのレースと昨秋のG2のスワンステークスですから芝1400mを得意としているのかもしれません。
多少問題は昨年末に国際G1の香港マイルで7着に敗れた後、5か月の休養明けでここに向かってきていることです。
もともと海外遠征明けは少し割り引いた方が良いというのが私の持論ですので、さらにレース間隔が開いていることはさらに割引が必要かと思います。

▲印は3 キャンベルジュニア。
前走のG3のダービー卿チャレンジトロフィーで0.1秒差2着となり重賞にも目処が付いたと思います。
天気予報では昼頃に雨が強くなりそうですので、もしかしたら前で競馬するこの馬に有利に働くかもしれません。
今まで3着以下に敗れたのは昨年以前の重賞の2レースのみであり、前走からそれも克服出来そうな気がしています。

△印は9 グランシルク。
3歳の時からずっと追いかけていた馬なのですが、結局重賞では勝てないまま5歳になってしまいました。
重賞でも2着や3着はありますので、走らないということはないのでしょうけれども、他馬との比較では少し見劣りがしているような気がします。
少なくとも大きく負けることはない馬ですし、末脚はしっかりしていますので、馬場が大きく荒れなければ、上位進出も可能だと思っています。

×印は7 ブラヴィッシモ。
この馬は前で競馬出来そうで、近走大きく負けていない馬という観点から選んでいます。
まだオープン特別も勝っていないので少し厳しいとは思いますが、意欲的な調教をこなしているようですし、前走もかなりのロスがある中での2着確保ですから、かなり力をつけてきていると思います。

【結果】
1着 ◎ 10 レッドファルクス
2着   12 クラレント
3着 △  9 グランシルク
4着    1 ヒルノデイバロー
5着    8 トウショウドラフタ

1着は◎印を打った10 レッドファルクスと順当だったのですが、2着には11番人気の12 クラレントが入る大波乱でした。
思った以上に馬場が渋り重まで悪化してしまったのですが、それはあまり関係ないような気がします。
レース自体は所用のため見ていないのですが、ペースはかなりスローで進んだ様子。
1番人気の4 サトノアラジンはそのペースに負けた感じがあります。
そのためにと前を行く馬にも印を打ったのですが、その馬は大きく撃沈。
この馬たちは馬場が合わなかったとするしかないとは思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense