第24回 マーチステークス 過去10年のデータ分析

平成29年3月26日
中山競馬場 G3 第24回 マーチステークス ダート1800m

◆過去10年の優勝馬

H28 ショウナンアポロン
H27 マイネルクロップ
H26 ソロル
H25 グランドシチー
H24 サイレントメロディ
H23 テスタマッタ
H22 マコトスパルビエロ
H21 エスポワールシチー
H20 ナナヨーヒマワリ
H19 クワイエットデイ

H23のテスタマッタとH21のエスポワールシチーがこのレースの勝利後にG1の勝ち馬となっています。
とはいえ、ハンデ戦のG3ですから、この後はそれほど好走することなく引退している馬も多く、ちょっと寂しいところです。

◆過去10年のデータ分析

○馬齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 2- 4- 2- 25/ 33 6.1% 18.2% 24.2%
5歳 3- 0- 5- 33/ 41 7.3% 7.3% 19.5%
6歳 3- 5- 2- 34/ 44 6.8% 18.2% 22.7%
7歳 2- 1- 1- 18/ 22 9.1% 13.6% 18.2%
8歳 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%

4歳から7歳までの馬は複勝率ではほぼ互角の戦いをしています。
その中では5歳馬のみ連対率が非常に悪くなっていますが、勝率は大きく変わらず、それほど問題はないと思います。
8歳以上は3着内に全く入ってきていませんので、大きな期待をすることは避けた方が良いかもしれません。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 0- 3-17/20 0.0% 0.0% 15.0%
2枠 1- 3- 1-15/20 5.0% 20.0% 25.0%
3枠 0- 2- 0-17/19 0.0% 10.5% 10.5%
4枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
5枠 0- 2- 1-17/20 0.0% 10.0% 15.0%
6枠 3- 0- 0-16/19 15.8% 15.8% 15.8%
7枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0%
8枠 4- 2- 3-11/20 20.0% 30.0% 45.0%

6枠の勝ち馬が3頭、8枠の勝ち馬が4頭と外枠から勝ち馬は多く輩出されています。
また、8枠は複勝率も非常に高くなっており、外枠有利のレースといえるかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 4- 4- 3- 27/ 38 10.5% 21.1% 28.9%
平地・中団 4- 4- 7- 41/ 56 7.1% 14.3% 26.8%
平地・後方 1- 0- 0- 50/ 51 2.0% 2.0% 2.0%
平地・マクリ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%

逃げ、先行、中団はそれほど大きく差のない結果となっています。
後方は51頭出走して1頭だけ1着に入っただけという散々な結果です。
基本的には、中団から前で競馬ができる馬を選択するのが無難だと思われます。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
2番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
4番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
5番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
6番人気 2- 3- 1- 4/ 10 20.0% 50.0% 60.0%
7番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
8番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
9番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5%

ハンデ戦らしく9番人気くらいまでは大きな差がないような気がします。
複勝率が一番高いのは6番人気ですし、勝率が高いのも6番人気と7番人気になっています。
人気馬を過信するのは禁物だと思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 4- 3- 27/ 37 8.1% 18.9% 27.0%
前走2着 0- 1- 4- 12/ 17 0.0% 5.9% 29.4%
前走3着 3- 0- 1- 13/ 17 17.6% 17.6% 23.5%
前走4着 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
前走5着 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
前走6~9着 2- 1- 0- 23/ 26 7.7% 11.5% 11.5%
前走10着~ 1- 1- 1- 38/ 41 2.4% 4.9% 7.3%

3着内に入ってくる絶対数は前走1着がさすがに多く感じますが、複勝率としては飛び抜けて良いというわけではないようです。
前走が6着以下であっても突っ込んでくる馬は多いですから、前走の結果が悪いからといって軽視することは難しいと思われます。