第66回 フジテレビ賞スプリングステークス 予想&結果

平成29年3月19日
中山競馬場 G2 第66回 フジテレビ賞スプリングステークス 芝1800m

◎ 9 サトノアレス
○ 8 アウトライアーズ
▲ 6 モンドキャンノ
△ 11 トリコロールブルー
× 5 エトルディーニュ

中山競馬場ではG2のスプリングステークスが行われます。
皐月賞トライアルですので、特に賞金的に出走が危うい馬は本番さながらに仕上げてくるものと思われますので、思わぬ伏兵が台頭するかもしれません。

◎印は9 サトノアレス。
未勝利勝ちが3戦目でしたが、初戦、2戦目も2着に好走。
その後は連勝街道を突き進んでおり、昨年はG1の朝日杯フューチュリティステークスも1着となり充実した1年になっています。
父がディープインパクトですから距離延長も問題ないと思われますので、昨年の勢いをそのまま継続してくれれば、自ずと結果は付いてくると思われます。

○印は8 アウトライアーズ。
この馬は新馬戦は2着でしたが2戦目の未勝利戦で勝ち上がり。
その次走がメンバーの揃った500万下で残念な3着。
しかし、そのレースの1着馬はクイーンカップ1着のアドマイヤミヤビ、2着馬は京都2歳ステークス1着、弥生賞1着のカデナですから、そのカデナとハナ差だったことを思えば、この馬も重賞で勝ち負けできるだけの実力はあると思います。

▲印は6 モンドキャンノ。
父がキンシャサノキセキ、母父がサクラバクシンオーという血統なので1800mの距離が不安なところです。
昨年の1600mの朝日杯フューチュリティステークスでは後方待機策から追い込んでの2着ということなので、距離はもつのではないかと期待しています。
実績では、それ以外にも重賞の函館2歳ステークスで2着、京王杯2歳ステークスで1着と好成績を残し続けています。
距離に問題がなければ良い勝負になるのではないかと思っています。

△印は11 トリコロールブルー。
ここまでのレースで勝ちっぷりがよいということです。
実際に走るところを見たことがないので実際にはどの程度のものかはあまりよく分かりません。
ただ、騎手がデムーロ騎手であれば、大きく崩れることは考えにくいと思います。
ここまで2000mのレースを3戦して2勝2着1回の戦績も、距離適性は十分と思わせるのには足りると思います。

×印は5 エトルディーニュ。
これまでですでに9戦をこなしてきていて、いまだ掲示板を外したことのない堅実さが魅力です。
前走では少し着差は大きいですが、共同通信杯で0.4秒差2着と重賞でも通用するところを見せてくれたと思います。
ここでもその堅実さを生かして上位に食い込んでくれればよいと思っています。

【結果】
1着   10 ウインブライト
2着 ○  8 アウトライアーズ
3着    7 プラチナヴォイス
4着 ◎  9 サトノアレス
5着 △ 11 トリコロールブルー

1着に入った10 ウインブライトですが、前々走のひいらぎ賞で8 アウトライアーズに0.2秒差破れていたので、印を打っていませんでした。
前走の若竹賞での走破時計を信じて印を打つべきだったと反省しています。