第51回 報知杯フィリーズレビュー 過去10年のデータ分析

平成29年3月12日
阪神競馬場 G2 第51回 報知杯フィリーズレビュー 芝1400m

◆過去10年の優勝馬

H28 ソルヴェイグ
H27 クイーンズリング
H26 ベルカント
H25 メイショウマンボ
H24 アイムユアーズ
H23 フレンチカクタス
H22 サウンドバリアー
H21 ワンカラット
H20 マイネレーツェル
H19 アストンマーチャン

桜花賞より距離が200m短いためか桜花賞に結果が直結しないレースではあるのですが、それ以降の重賞レースを賑わせる馬は多数輩出しています。
今後の活躍馬を見極めるためにも重要な一戦だと思います。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 2- 0-16/20 10.0% 20.0% 20.0%
2枠 2- 0- 3-15/20 10.0% 10.0% 25.0%
3枠 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0%
4枠 2- 0- 1-17/20 10.0% 10.0% 15.0%
5枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 5.0% 15.0%
6枠 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0%
7枠 0- 2- 2-18/22 0.0% 9.1% 18.2%
8枠 1- 2- 1-18/22 4.5% 13.6% 18.2%

成績としては勝ち馬の出ていない枠はありますが、複勝率などは大きな差は無く、どの枠であっても比較的問題ないように思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
平地・先行 5- 3- 4- 27/ 39 12.8% 20.5% 30.8%
平地・中団 0- 4- 1- 54/ 59 0.0% 6.8% 8.5%
平地・後方 5- 2- 3- 46/ 56 8.9% 12.5% 17.9%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

内回りコースのためだと思われますが、逃げ、先行が圧倒的に有利になっています。
やはり最後の直線が短いことが原因になっていると思われます。
その一方で、後方の馬が比較的好成績になっています。
最後に急坂がある阪神競馬場芝コースですから、ペースが速くなった場合には、後方の馬が台頭する場面が多く見られるのかもしれません。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 2- 0- 5/ 10 30.0% 50.0% 50.0%
2番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
3番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
5番人気 0- 0- 3- 7/ 10 0.0% 0.0% 30.0%
6番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
7番人気 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
8番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
9番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
11番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
16番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気はさすがに複勝率50.0%と好走する確率は高くなっています。
しかし、それ以降の人気では10番人気前後まではあまり大きく成績が変わらないような気がします。
1番人気の信頼性は比較的高いと思われますが、それ以降の人気はそれほど信頼性がないため、幅広く狙っていくことが重要だと思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 4- 4- 51/ 61 3.3% 9.8% 16.4%
前走2着 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
前走3着 0- 0- 2- 11/ 13 0.0% 0.0% 15.4%
前走4着 2- 2- 2- 6/ 12 16.7% 33.3% 50.0%
前走5着 1- 2- 0- 8/ 11 9.1% 27.3% 27.3%
前走6~9着 1- 0- 1- 24/ 26 3.8% 3.8% 7.7%
前走10着~ 2- 1- 1- 27/ 31 6.5% 9.7% 12.9%

前走1着馬は出走数が多いため、比較的上位に入ってきている感じがありますが、勝率、連対率、複勝率といったあたりではそれほど良い成績ではありません。
前走が2着、4着、5着といったところが好成績を残していることは分かると思います。
また、前走が10着以下だった馬も前走1着だった馬と同等程度の結果を残しています。
したがって、前走の着順はそれほど決め手にならないと言えると思います。