第51回 共同通信杯 過去10年のデータ分析

平成29年2月12日
東京競馬場 G3 第51回 共同通信杯 芝1800m

◆過去10年の優勝馬

H28 ディーマジェスティ
H27 リアルスティール
H26 イスラボニータ
H25 メイケイペガスター
H24 ゴールドシップ
H23 ナカヤマナイト
H22 ハンソデバンド
H21 ブレイクランアウト
H20 ショウナンアルバ
H19 フサイチホウオー

最近は皐月賞馬のディーマジェスティやイスラボニータ、ゴールドシップを輩出しているクラシックに直結しやすいレースです。
特にゴールドシップの活躍はまだまだ記憶に残っているところです。
今年も有力な馬が輩出されることを期待したいです。

◆過去10年のデータ分析

騎手では蛯名正義騎手が4-0-2-3と非常に相性の良いレースです。
他の騎手が1勝止まりということを考えても、際だった成績を残しています。
残念ながら今のところはお手馬がいないようですが、乗り替わって騎乗してくれば要注意かと思います。

枠順では2枠が1-3-0-8、3枠が3-1-1-8、5枠が2-2-1-11と複勝率が30%を超えています。
逆に1枠が1-1-0-9、6枠が1-1-1-14、8枠が0-1-1-18となっており、複勝率は10%台となっています。
ただ、圧倒的に不利かというと8枠以外はそれほど問題ないように思われます。
大外の8枠は少し割引と考えた方がよさそうです。

脚質では先行が6-4-5-20と複勝率40%越えと好調です。
次いで、中団の2-4-2-32ですが、後方も2-1-2-32と侮れない成績を残しています。
やはり最後の直線が長い東京競馬場ですから、後ろから行く馬も十分に届くようです。

単勝人気では5番人気までで8-9-7-26と好成績を残しています。
6番人気が2-1-0-7ですからここまでの人気では10-10-7-33とパーフェクト連対になっています。
このことから、あまり人気のない馬を狙っても良い結果にならないことが分かると思います。
ただ、単勝オッズでは9.9倍以下が8-6-5-15となっており、単勝オッズ10倍以上の馬も上位進出は可能となっています。
大きく狙うのであれば6番人気以内の単勝オッズ10倍以上の馬とも言えるかもしれません。

前走の成績は3着以内だった馬が9-7-6-48となっており、5着以内まで広げると9-9-8-59となります。
前走でも掲示板に載る程度の走りをしていることが必要だと思われます。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense