第57回 京成杯 予想&結果

平成29年1月15日
中山競馬場 G3 第57回 京成杯 芝2000m

◎ 8 コマノインパルス
○ 1 サーベラージュ
▲ 14 ベストリゾート
△ 4 ポポカテペトル
× 7 サンティール

中山競馬場ではG3の京成杯が行われます。
皐月賞と同じコースで行われますので、ちょっと早いですが、適正などの見極めに使えればと思っています。
京都競馬場は雪の中の開催、中京競馬場は雪のため中止ということですが、中山競馬場は晴れの良馬場発表。(結果的には京都競馬場も中止になりました)
なんとかここで馬券の方も成果を上げたいところです。

◎印は現在1番人気の8 コマノインパルス。
前走の同条件で行われた葉牡丹賞では0.2秒差の2着。
その時の勝ち馬レイデオロは、その後のG2のホープフルステークスでも勝っていますので、その2着に入ったこの馬も重賞で好走できるだけの力はあると思います。

○印は1 サーベラージュ。
この馬は前走で新馬戦を勝ったばかりの1勝馬。
取捨は難しいところですが、稍重の東京競馬場で2着に0.6秒差をつけた圧勝劇は評価して良いと思っています。
もちろんタイムも稍重で芝1800mを1分50秒4ですから比較的好時計だと思っています。

▲印は14 ベストリゾート。
この馬は前走ホープフルステークスで4着。
印を打たなかった馬にはホープフルステークスで2着に入り、現在のところ2番人気の2 マイネルスフェーンがいます。
この印の逆転は、2 マイネルスフェーンはこのレースがすでに8戦目で大きな上積みを求めるのは酷だと思ったことと未勝利を勝つまでに6戦かかった勝ち味の遅さにあります。
逆に14 ベストリゾートはこのレースが4戦目とまだまだ良化する余地があると思うことと、前走は行き足がつかずに後方待機策を取り、4着まで追い込んだという実績から選んでいます。

△印は4 ポポカテペトル。
正直に言って、京都競馬場や阪神競馬場のタイムを見る限りはそれほど見所はありません。
前走は500万下で5着に破れる結果だけを見るとちょっと心配なところはあります。
ただ、その負けた500万下のレースでは馬群に包まれて追えなかったようですし、今まで乗ってきた騎手も今回乗る騎手も超一流。
おそらく、厩舎サイドは期待している1頭なのだと思います。
中山競馬場での昨年の連対率が32.4%、複勝率が40.0%となっている戸崎圭太騎手がどのような騎乗をするのかは楽しみです。

×印は7 サンティール。
今まで中山競馬場で2戦して1勝3着1回。
前走が未勝利戦で0.3秒差1着。
ペースが全体に遅かったのかもしれませんが、先行して上がり3Fでの最速タイムを計時しているのは、なかなか見所があると思います。
前走は芝1800mでしたが、芝2000mに伸びてもそれほど問題ないと思います。

【結果】
1着 ◎  8 コマノインパルス
2着   11 ガンサリュート
3着    2 マイネルスフェーン
4着    5 ジュニエーブル
5着   12 アサギリジョー

後ろから行く馬が上位独占という結果です。
前の馬が総崩れになった段階で大きく外したのは仕方ないかなと思っています。
後ろの馬が強かったのは馬場のせいなのかなと思っていますが、どうなのでしょうか?
それほど早くもない平均ペースだったと思うのですが・・・。