第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念 予想&結果

平成29年1月8日
京都競馬場 G3 第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念 芝1600m

◎ 5 ペルシアンナイト
○ 15 コウソクストレート
▲ 13 イエローマジック
△ 14 タイセイスターリー
× 3 メイショウソウビ

京都競馬場ではG3の日刊スポーツ賞シンザン記念が行われます。
距離は1600mとクラシックに直結するレースではないのですが、将来的にはG1を獲る馬も参戦してきた歴史のあるレースです。
今年もどのような馬が勝つのか非常に楽しみな一戦です。

◎印は5 ペルシアンナイト。
現在のところ単勝1番人気です。
これまで3戦してきて2勝2着1回。
敗れたのはアイビーステークスでこの後第阪神ジュベナイルフィリーズを優勝するソウルスターリングですから、これは相手が強かったというところです。
今回は牡馬同士の戦いになりますし、アイビーステークスもスローペースで上がりの競馬になり、差が詰められなかったことを考えると十分に優勝する力は持っていると思います。

○印は15 コウソクストレート。
現在のところ5番人気です。(締切後は6番人気)
新馬戦、500万下と連勝して、前走は京王杯2歳ステークスに出走。
残念ながら出遅れが響いて0.6秒差4着と敗れています。
もともと戸崎圭太騎手が主戦を務めていたことからも分かるように、厩舎としては期待している1頭なのだと思います。
その戸崎圭太騎手は中山でフェアリーステークスに騎乗するので、今回はルメール騎手に乗り替わりとなっていますが、こちらも昨年のリーディング2位の騎手。
これらのことから考えても大きく負けることは考えにくいと思いますし、あわよくば優勝まであると思っています。

▲印は13 イエローマジック。
現在のところ10番人気とあまり人気のない馬です。
過去データ分析で相性の良い浜中俊騎手騎乗というところがセールスポイントです。
まだ1戦1勝なので力は未知数。
ただ、前走で上がり3F34.1秒と最高タイムを記録しての差し切り勝ちはなかなか見所があるのではないかと思っています。

△印は14 タイセイスターリー。
現在のところ4番人気です。
前走のデイリー杯2歳ステークスでは0.9秒差8着と惨敗。
ただ、そのレースは1番人気に支持されているので、それだけのモノを持っているのだろうと思っています。
JRAのHPには「スタートからモタれて道中でいいポジションを取れなかった」とありますので、きちんと走れれば巻き返しもあると思っています。

×印は3 メイショウソウビ。
現在のところ9番人気です。
内枠の逃げ馬ということで選んでみました。
前々走のダート戦以外は大きく負けてはいないので、直線に坂のない京都競馬場であれば逃げ切れる可能性もあると思っています。
芝で負けたレースはおそらく出遅れが原因と思われます。
今回はスタートが大きな課題になると思います。
勝ったレースは1200mと1400mなので距離も課題ですが、なんとかこらえて欲しいと思っています。

【結果】
1着    9 キョウヘイ
2着 △ 14 タイセイスターリー
3着 ◎  5 ペルシアンナイト
4着    8 トラスト
5着   10 マイスタイル

1着は8番人気の9 キョウヘイでした。
まだ500万下を勝てていない馬でしたから、かなりの驚きです。
馬場状態が重馬場まで悪化したことがこの馬にとってはプラスに働いたようですね。
もともと末脚は確実な馬ですから、前半がハイペースで進み、かつ重馬場が得意なこの馬が突き抜けることは必然だったのかもしれません。
予想した段階では、ここまで馬場状態が悪化すると思っていなかったことも敗因の一つです。
天気予報だけを鵜呑みにして予想してはいけないですね。