第70回 農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズ 過去10年のデータ分析

2018年12月9日
阪神競馬場 G1 第70回 農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズ 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ラッキーライラック
2016年 ソウルスターリング
2015年 メジャーエンブレム
2014年 ショウナンアデラ
2013年 レッドリヴェール
2012年 ローブティサージュ
2011年 ジョワドヴィーヴル
2010年 レーヴディソール
2009年 アパパネ
2008年 ブエナビスタ

このレースの勝ち馬は翌年の3歳牝馬クラシック路線を歩むことが多く、結果を残している馬も多数いるようです。
2歳牝馬のG1とはいえ、やはり実力のある馬が実力どおりに勝っていることが多いのだと思います。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 3- 1- 0-16/20 15.0% 20.0% 20.0%
2枠 0- 1- 3-16/20 0.0% 5.0% 20.0%
3枠 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0%
4枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%
5枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 5.0% 15.0%
6枠 2- 2- 1-15/20 10.0% 20.0% 25.0%
7枠 2- 1- 1-26/30 6.7% 10.0% 13.3%
8枠 2- 1- 2-25/30 6.7% 10.0% 16.7%

1枠の勝率が高くなっていますが、6枠から8枠も各枠2頭優勝馬が出ていますので、あまり枠番は問題にならないと思います。
複勝率もそれほど大きな差とは言えないと思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
平地・先行 2- 2- 2- 31/ 37 5.4% 10.8% 16.2%
平地・中団 7- 6- 6- 59/ 78 9.0% 16.7% 24.4%
平地・後方 1- 2- 2- 50/ 55 1.8% 5.5% 9.1%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

外回りコースを使うレースのため、中団の成績が非常に良くなっています。
次いで先行ですが、逃げは全滅しているように、前で競馬する馬が厳しい結果になっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 1- 1- 4/ 10 40.0% 50.0% 60.0%
2番人気 2- 2- 0- 6/ 10 20.0% 40.0% 40.0%
3番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
4番人気 1- 1- 3- 5/ 10 10.0% 20.0% 50.0%
5番人気 3- 1- 0- 6/ 10 30.0% 40.0% 40.0%
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
8番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
16番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%

5番人気までの馬の好走が目立ちます。
8番人気と10番人気が複勝率20%以上となっていますが、6番人気以下ではやはり厳しいと言えると思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 8- 6- 6- 74/ 94 8.5% 14.9% 21.3%
前走2着 2- 2- 2- 15/ 21 9.5% 19.0% 28.6%
前走3着 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%
前走4着 0- 0- 1- 12/ 13 0.0% 0.0% 7.7%
前走5着 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
前走6~9着 0- 0- 0- 24/ 24 0.0% 0.0% 0.0%
前走10着~ 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%

絶対数の多い前走1着が圧倒的に有利と言えると思います。
前走2着も勝率・連対率・複勝率はすべて最高になっていますので注意は必要です。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
アルテミG3 2- 3- 1- 8/14 14.3% 35.7% 42.9%
ファンタG3 1- 2- 2-37/42 2.4% 7.1% 11.9%
赤松賞500* 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3%
デイリーG2 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
札幌2歳G3 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
新馬 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1%
未勝利・牝* 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
からまつ500* 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
アイビー 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
京王杯2G2 0- 1- 2- 3/ 6 0.0% 16.7% 50.0%
新潟2歳G3 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
白菊賞500* 0- 1- 0-14/15 0.0% 6.7% 6.7%
りんどう500* 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
新馬・牝 0- 0- 2- 4/ 6 0.0% 0.0% 33.3%
サフラン500* 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
芙蓉S 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%

前哨戦のアルテミスステークス組の成績は非常に良くなっています。
その反面、多数が参戦するファンタジーステークスはあまり成績が良くありません。
やはり芝1600mの経験と芝1400mの経験は違うのかと思います。