第35回 マイルチャンピオンシップ 予想&結果

2018年11月18日
京都競馬場 G1 第35回 マイルチャンピオンシップ 芝1600m

◎ 8 モズアスコット
○ 2 ペルシアンナイト
▲ 15 アエロリット
△ 14 エアスピネル
× 13 レッドアヴァンセ

京都競馬場ではG1のマイルチャンピオンシップが行われます。
メンバーも揃っていて、予想は非常に難解になっています。
どの馬が勝ってもおかしくないように見えて、上位陣は実力差は紙一重と思っています。

◎印は8 モズアスコット。
このレースにはルメール騎手のお手馬がかなり参戦していますが、選んだ馬はこの馬ということなので、やはりこのレースはこの馬中心に動くだろうと思っています。
春は安田記念を勝ち、この秋は前哨戦のスワンステークスで2着。
一叩きされた効果は大きいと思いますし、このコースは春にマイラーズカップで2着になっているコースです。
もともと大きく負けたことのない馬ですから、ここでも上位争いは必至だと思います。

○印は2 ペルシアンナイト。
昨年のこのレースを勝っていますので、コース適性は申し分ないと思います。
今年に入っても、G1で大阪杯2着、安田記念6着と好走も多いので、得意のコースで上位争いを期待しています。
前走の富士ステークスでは最後の直線で不利があったようで5着に敗れていますが、昨年もこのレース5着の後にマイルチャンピオンシップを勝っていますので、少し期待したいと思います。

▲印は15 アエロリット。
今年の春から好調持続という感じの成績になっています。
G1でもヴィクトリアマイル4着、安田記念2着となっていますし、前走の毎日王冠では0.2秒差をつけての逃げ切り勝ちと牡馬を一蹴しており、安田記念でクビ差敗れた8 モズアスコットへの逆襲を期待したいと思っています。

△印は14 エアスピネル。
昨年のこのレースでは2着となっており、今年は逆転を狙っていると思います。
このコースは重賞ばかりで5戦しており、2-2-1-0と非常に得意としているコースだと思います。
前走の富士ステークスは半年ぶりの競馬だったこともあり、4着に敗れていますが、一叩きして得意のコースとなれば、上位争いに食い込んでこれるかと思っています。

×印は13 レッドアヴァンセ。
今のところ13番人気と非常に人気は無いようです。
それでも今年の戦績は重賞で3回走って2着2回3着1回と堅実な成績を残しています。
そのうち2戦は牝馬限定戦ですが、そのうち1戦はヴィクトリアマイルで3着となっており、15 アエロリットには先着しています。
秋初戦の富士ステークスでは14 エアスピネルや2 ペルシアンナイトに先着して3着に入っています。
穴馬としては面白いかなと思っています。

【結果】
1着    1 ステルヴィオ
2着 ○  2 ペルシアンナイト
3着    3 アルアイン
4着   16 カツジ
5着   10 ミッキーグローリー

1着は3歳馬の1 ステルヴィオとなりました。
戦国模様だっただけあって、1着から3着は3番人気から5番人気とそれほどでもなく感じますが、4着以下が大荒れといった感じです。
特に1番人気と2番人気が13着と12着となって大敗。
それでも、やはり1着と2着は外国人騎手か・・・と少し残念です。
これだけG1で惜敗が続くと、3 アルアインも次走は外国人騎手に取られるかもしれないですね。