第23回 東京スポーツ杯2歳ステークス 過去10年のデータ分析

2018年11月17日
東京競馬場 G3 第23回 東京スポーツ杯2歳ステークス 芝1800m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ワグネリアン
2016年 ブレスジャーニー
2015年 スマートオーディン
2014年 サトノクラウン
2013年 イスラボニータ
2012年 コディーノ
2011年 ディープブリランテ
2010年 サダムパテック
2009年 ローズキングダム
2008年 ナカヤマフェスタ

この後行われる2歳G1への切符を手に入れるためにも重要なレースなのですが、かつては2歳G1には出走せずに、翌年のクラシック路線を歩む馬も多かったようです。
ここの勝ち馬は、将来性が特に期待できると思われます。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 4- 0- 2- 6/12 33.3% 33.3% 50.0%
2枠 0- 2- 0-13/15 0.0% 13.3% 13.3%
3枠 1- 0- 2-13/16 6.3% 6.3% 18.8%
4枠 1- 0- 1-15/17 5.9% 5.9% 11.8%
5枠 0- 1- 2-14/17 0.0% 5.9% 17.6%
6枠 1- 0- 2-15/18 5.6% 5.6% 16.7%
7枠 2- 2- 1-14/19 10.5% 21.1% 26.3%
8枠 1- 5- 0-13/19 5.3% 31.6% 31.6%

このコースは比較的内枠が有利なコースなのですが、結果として1枠が非常に有利となっており、それが裏付けられています。
外枠の複勝率も高いのですが、逆に2コーナーで揉まれないことが良いのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 1- 12/ 13 0.0% 0.0% 7.7%
平地・先行 5- 2- 1- 27/ 35 14.3% 20.0% 22.9%
平地・中団 2- 4- 5- 33/ 44 4.5% 13.6% 25.0%
平地・後方 3- 4- 3- 31/ 41 7.3% 17.1% 24.4%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

東京競馬場ですから、先行から後方まで比較的成績は良くなっています。
ただ、勝ち馬は先行が比較的多いようです。

○脚質

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5- 2- 1- 2/ 10 50.0% 70.0% 80.0%
2番人気 2- 2- 0- 6/ 10 20.0% 40.0% 40.0%
3番人気 0- 3- 1- 6/ 10 0.0% 30.0% 40.0%
4番人気 2- 2- 1- 5/ 10 20.0% 40.0% 50.0%
5番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
8番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 1- 0- 2- 6/ 9 11.1% 11.1% 33.3%
10番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
11番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
13番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気はやはり強いようです。
次いで2番人気から4番人気がほぼ同列であり、人気馬が好走しやすいレースのようです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 9- 8- 8- 60/ 85 10.6% 20.0% 29.4%
前走2着 1- 1- 1- 11/ 14 7.1% 14.3% 21.4%
前走3着 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
前走4着 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
前走5着 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%
前走10着~ 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%

出走馬の多い前走1着が圧倒的な成績を残しています。
しかし、前走5着以下であれば3着内には入っている馬はいませんが、前走4着までであればチャンスはあるようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新馬 4- 1- 3-21/29 13.8% 17.2% 27.6%
未勝利* 1- 3- 4-25/33 3.0% 12.1% 24.2%
いちょう 1- 2- 1-10/14 7.1% 21.4% 28.6%
札幌2歳G3 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
萩S 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
野路菊S 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
サウジアG3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
新潟2歳G3 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5%
芙蓉S 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
百日草特500* 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
ジュニ 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
アイビー 0- 0- 2- 2/ 4 0.0% 0.0% 50.0%

前走は新馬・未勝利という馬も多数上位に入っていますので、取捨は難しいと思います。
前走がオープン特別や重賞といった馬も上位に入ってくることは多いので、注意が必要です。