第43回 エリザベス女王杯 予想&結果

2018年11月11日
京都競馬場 G1 第43回 エリザベス女王杯 芝2200m

◎ 7 モズカッチャン
○ 8 カンタービレ
▲ 5 レッドジェノヴァ
△ 12 リスグラシュー
× 2 フロンテアクイーン

京都競馬場ではG1のエリザベス女王杯が行われます。
ジャパンカップに向かう馬もいるようなので、最強牝馬決定戦とは言えない雰囲気もありますが、それでも、良いメンバーが揃っていますので、レースは非常に楽しみにしています。

◎印は7 モズカッチャン。
昨年のこのレースを優勝しているので、コース適性は非常に良いと思われます。
府中牝馬ステークスを熱発で回避したというアクシデントはありましたが、その影響はほとんど無いとのことなので、このレースへの影響もそれほどないと思われます。
前走は札幌記念で、タイム差なしの3着。
出遅れてなおそのレースが出来るのですから、春の海外遠征の影響もほとんど無いと考えて良いと思います。

○印は8 カンタービレ。
オークスは2.1秒差13着と大敗しましたが、この秋は初戦のローズステークスを勝ち、秋華賞でもアーモンドアイの0.4秒差3着と好走。
4コーナーではアーモンドアイとほぼ同じところにいたようですが、最後に少し切れ負けといった感じです。
初めての後方からのレースでここまで切れることが分かったので、今回も同じようなレースをするのかなと思います。

▲印は5 レッドジェノヴァ。
この夏に札幌競馬場で1000万下、1600万下と連勝して、京都大賞典に挑戦。
そのレースでサトノダイヤモンドの0.1秒差2着と大健闘。
G1馬のシュヴァルグランには先着しているので、期待は非常に大きいと思います。
今年に入ってめきめき力をつけているので、このレースでも見劣りはしないと思います。

△印は12 リスグラシュー。
芝2000mの昨年の秋華賞は2着に入っているのですが、芝2200mのエリザベス女王杯では8着、芝2400mのオークスでは5着と距離に壁がありそうです。
やはり適距離はマイルかなと思うのですが、今回はモレイラ騎手が騎乗ということなので、もう1ハロンを保たせることが出来るかと少し期待をしています。
もともとの主戦が武騎手なので、それほど大きな上積みは期待できないとは思っています。

×印は2 フロンテアクイーン。
この馬も12 リスグラシューと同じで、好走するけれども勝てない一頭ですね。
昨年秋から常に3着以内に入っているのですが、1着にはなれないというもどかしい競馬が続いています。
前哨戦の府中牝馬ステークスでは12 リスグラシューに次ぐ3着。
このレースで1着だったディアドラは香港カップへ向かうようですね。
この馬も近走は芝1600mから芝1800mを使われているので、距離を克服できるかどうかも鍵だと思います。

【結果】
1着 △ 12 リスグラシュー
2着    9 クロコスミア
3着 ◎  7 モズカッチャン
4着 ▲  5 レッドジェノヴァ
5着   13 ノームコア

1着は12 リスグラシューが鮮やかに差し切り勝ち。
ゴール前で、逃げ粘る9 クロコスミアをきっちりクビ差捕らえましたね。
これで12 リスグラシューもG1馬の仲間入り。
G1で2着が4回ありましたから、ようやくの戴冠ですね。
ただ、残念なのはやはり外国人騎手が騎乗して勝ったことですね。
やはり何か少し日本人騎手には足りない面があるのでしょうか?