第43回 エリザベス女王杯 過去10年のデータ分析

2018年11月11日
京都競馬場 G1 第43回 エリザベス女王杯 芝2200m

◆過去10年の優勝馬

2017年 モズカッチャン
2016年 クイーンズリング
2015年 マリアライト
2014年 ラキシス
2013年 メイショウマンボ
2012年 レインボーダリア
2011年 スノーフェアリー
2010年 スノーフェアリー
2009年 クィーンスプマンテ
2008年 リトルアマポーラ

3歳G1路線を歩んできた馬と古馬が対決する最初の牝馬G1になります。
今年の3歳世代がどこまで強いのかは、牝馬クラシック三冠のアーモンドアイがジャパンカップに行ってしまうようなのでよく分からないですが、登録馬を見る限りは少し寂しい気がします。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 4- 4- 3- 37/ 48 8.3% 16.7% 22.9%
4歳 4- 3- 6- 42/ 55 7.3% 12.7% 23.6%
5歳 2- 2- 1- 47/ 52 3.8% 7.7% 9.6%
6歳 0- 1- 0- 11/ 12 0.0% 8.3% 8.3%
7歳 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

3歳と4歳が強い結果になっています。
5歳以上は複勝率でもかなり低くなっていますので、厳しい戦いになるようです。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 1- 1-16/19 5.3% 10.5% 15.8%
2枠 2- 1- 1-16/20 10.0% 15.0% 20.0%
3枠 2- 1- 2-15/20 10.0% 15.0% 25.0%
4枠 1- 0- 2-17/20 5.0% 5.0% 15.0%
5枠 0- 2- 1-17/20 0.0% 10.0% 15.0%
6枠 1- 2- 0-16/19 5.3% 15.8% 15.8%
7枠 0- 1- 2-25/28 0.0% 3.6% 10.7%
8枠 3- 2- 1-22/28 10.7% 17.9% 21.4%

どの枠でも大きな差は無いようです。
8枠でも3-2-1-22ですから、特に不利になるということもないようです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
平地・先行 2- 7- 1- 28/ 38 5.3% 23.7% 26.3%
平地・中団 7- 3- 7- 58/ 75 9.3% 13.3% 22.7%
平地・後方 0- 0- 1- 46/ 47 0.0% 0.0% 2.1%
平地・マクリ 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%

外回りコースのため、中団の成績が比較的良くなっています。
ただ、先行も2着が7回と多くなっていますので、極端に後方でなければ、十分どの馬にもチャンスはあると思います。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 4- 2- 3/ 10 10.0% 50.0% 70.0%
2番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
3番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
5番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
6番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
7番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%

やはりG1ですから、人気馬が比較的強い結果になっています。
しかし、6番人気くらいまでは比較的成績が良くなっていますので、幅広い検討が必要なようです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 4- 3- 35/ 44 4.5% 13.6% 20.5%
前走2着 1- 4- 1- 17/ 23 4.3% 21.7% 26.1%
前走3着 2- 0- 3- 7/ 12 16.7% 16.7% 41.7%
前走4着 2- 0- 0- 13/ 15 13.3% 13.3% 13.3%
前走5着 1- 0- 0- 10/ 11 9.1% 9.1% 9.1%
前走6~9着 2- 1- 2- 28/ 33 6.1% 9.1% 15.2%
前走10着~ 0- 1- 1- 34/ 36 0.0% 2.8% 5.6%

やはり前走好走している馬が上位に入りやすいようです。
しかし、6着以下でも2-2-3-62ですから、注意は必要です。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
秋華賞G1 3- 3- 3-26/35 8.6% 17.1% 25.7%
府中牝馬G2 2- 1- 3-32/38 5.3% 7.9% 15.8%
オールカG2 2- 1- 0- 3/ 6 33.3% 50.0% 50.0%
京都大賞G2 1- 2- 0-10/13 7.7% 23.1% 23.1%
英センG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
チャンG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
府中牝馬G3 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0%
アイルラG2 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
鳴滝特別1000 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
宝塚記念G1 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
ヴィクトG1 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
1000万下 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走が秋華賞の馬は比較的上位に入りやすいようです。
また、前走はこの秋にすでに走っている馬が有利と言えると思います。