第54回 農林水産省賞典福島記念 過去10年のデータ分析

2018年11月11日
福島競馬場 G3 第54回 農林水産省賞典福島記念 芝2000m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ウインブライト
2016年 マルターズアポジー
2015年 ヤマカツエース
2014年 ミトラ
2013年 ダイワファルコン
2012年 ダイワファルコン
2011年 アドマイヤコスモス
2010年 ダンスインザモア
2009年 サニーサンデー
2008年 マンハッタンスカイ

ここでの勝ち馬は次走で有馬記念や中山金杯ということが多いようですが、それほど好成績を残しているとは言えないようです。
やはり、ローカル競馬場を得意としている馬が強いのかもしれませんね。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 3- 2- 2- 10/ 17 17.6% 29.4% 41.2%
4歳 3- 1- 2- 13/ 19 15.8% 21.1% 31.6%
5歳 1- 3- 1- 35/ 40 2.5% 10.0% 12.5%
6歳 2- 3- 2- 35/ 42 4.8% 11.9% 16.7%
7歳 0- 1- 1- 26/ 28 0.0% 3.6% 7.1%
8歳 1- 0- 2- 9/ 12 8.3% 8.3% 25.0%

3歳と4歳の成績が非常に良くなっています。
5歳以上も2着に7頭はいるなど健闘はしていますので、注意は必要です。

○斤量

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~49kg 0- 0- 0- 0/ 0
49.5~51kg 1- 1- 0- 10/ 12 8.3% 16.7% 16.7%
51.5~53kg 0- 0- 3- 24/ 27 0.0% 0.0% 11.1%
53.5~55kg 4- 5- 3- 43/ 55 7.3% 16.4% 21.8%
55.5~57kg 4- 2- 3- 46/ 55 7.3% 10.9% 16.4%
57.5~59kg 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
59.5~ 0- 0- 0- 0/ 0

ローカル競馬場のハンデ戦なので、非常にハンデの軽い馬の好走もあるようです。
しかし、絶対的には53.5kg以上のハンデの馬が上位を占めることが多いようです。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 2- 2-13/19 10.5% 21.1% 31.6%
2枠 2- 0- 2-16/20 10.0% 10.0% 20.0%
3枠 4- 0- 1-15/20 20.0% 20.0% 25.0%
4枠 0- 1- 0-19/20 0.0% 5.0% 5.0%
5枠 2- 2- 0-15/19 10.5% 21.1% 21.1%
6枠 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0%
7枠 0- 4- 1-16/21 0.0% 19.0% 23.8%
8枠 0- 0- 3-17/20 0.0% 0.0% 15.0%

1枠から3枠で1着馬が8頭出ているようです。
しかし、7枠も2着馬は4回出ていますから、外枠が圧倒的に不利ということでもないようです。
ただ、全体的に内枠が有利とは言えるかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 0- 1- 10/ 12 8.3% 8.3% 16.7%
平地・先行 7- 4- 0- 28/ 39 17.9% 28.2% 28.2%
平地・中団 1- 5- 8- 45/ 59 1.7% 10.2% 23.7%
平地・後方 1- 1- 1- 45/ 48 2.1% 4.2% 6.3%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

先行の馬の成績が非常に良くなっています。
しかし、中団も2着と3着は多くなっていますので、最後の直線が短いですが、注意が必要です。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 3- 1- 4/ 10 20.0% 50.0% 60.0%
2番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
3番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
4番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
7番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
8番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
13番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
14番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

ハンデ戦とはいえ、やはり1番人気から3番人気は成績が良くなっています。
しかし、6番人気から8番人気も上位に入ってくることは多いようなので、幅広く狙うことが大切かと思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 2- 0- 10/ 14 14.3% 28.6% 28.6%
前走2着 1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6%
前走3着 0- 3- 1- 4/ 8 0.0% 37.5% 50.0%
前走4着 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 1- 3- 3- 31/ 38 2.6% 10.5% 18.4%
前走10着~ 6- 1- 6- 61/ 74 8.1% 9.5% 17.6%

前走1着から3着は好成績なのですが、出走数はかなり少ないようです。
逆に前走10着以下から1着が6頭出ていますので、やはりローカル競馬場が得意な馬が強いのかもしれません。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
富士SG3 3- 0- 2- 6/11 27.3% 27.3% 45.5%
天皇賞秋G1 2- 0- 1- 3/ 6 33.3% 33.3% 50.0%
毎日王冠G2 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3%
アルゼンHG2 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
大原S1600 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
秋風S1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ラジオNIHG3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
秋華賞G1 0- 1- 2- 1/ 4 0.0% 25.0% 75.0%
アイルラ 0- 1- 1-13/15 0.0% 6.7% 13.3%
オールカG2 0- 1- 1-12/14 0.0% 7.1% 14.3%
カシオペ 0- 1- 0-18/19 0.0% 5.3% 5.3%
オクトー 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
小倉記念HG3 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
丹頂SH 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
セントラG2 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
八坂S1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ムーンH1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
新潟記念HG3 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
札幌記念G2 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%

前走は様々ですが、やはり天皇賞(秋)や秋華賞といった芝2000mのG1を戦ってきた馬は上位に入りやすいようです。
それ以外でも富士ステークスは相性が良いようです。