第23回 KBS京都賞ファンタジーステークス 予想&結果

2018年11月3日
京都競馬場 G3 第23回 KBS京都賞ファンタジーステークス 芝1400m

◎ 4 ダノンファンタジー
○ 3 ジュランビル
▲ 9 レッドベレーザ
△ 1 ベルスール
× 5 ラブミーファイン

京都競馬場ではG3のファンタジーステークスが行われます。
こちらは牝馬限定戦となっており、阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦として重要な戦いになると思います。

◎印は4 ダノンファンタジー。
新馬戦は2着でしたが、未勝利戦で難なく勝ち上がっています。
新馬戦で負けた相手は、グランアレグリアでこの次走にサウジアラビアロイヤルカップで0.6秒差の圧勝をしています。
その相手に敗れたとはいえ0.3秒差で、走破タイムも非常に優秀ですから、力は十分に持っていると思います。

○印は3 ジュランビル。
新馬戦を勝った後、ききょうステークスで3着となっています。
3着とはいえ、クビ+クビの0.1秒差ですから、それほど大きな差はなかったと思っています。
牡馬相手に同斤量でそこまで走れるのであれば、牝馬同士なら好走が期待できると思います。

▲印は9 レッドベレーザ。
まだ新馬戦を勝っただけの1戦1勝馬です。
その新馬戦で2着だった馬も次走で未勝利を勝ち上がっており、レースレベルは比較的高かったものと推測します。
そのレースで、コースロスがあったにも関わらず、しっかり差しきってますから、この馬も将来が楽しみだと思います。

△印は1 ベルスール。
この馬も新馬戦を勝っただけの1戦1勝馬。
そのレースでは2番手追走からきっちり先頭に立ち、0.6秒差の圧勝。
走破タイムも優秀で、このレースでは先行馬にとって有利な1枠1番を引いていますから、自分のレースが出来れば、非常に楽しみだと思います。

×印は5 ラブミーファイン。
新馬戦を勝った後、重賞を2戦していて、函館2歳ステークスはハナ差の2着、札幌2歳ステークスはハイペースで脚が上がったのか1.6秒差8着と大敗。
実績のある短距離に戻って、どこまで巻き返せるか期待しています。

【結果】
1着 ◎  4 ダノンファンタジー
2着 △  1 ベルスール
3着 ○  3 ジュランビル
4着 ×  5 ラブミーファイン
5着 ▲  9 レッドベレーザ

1着は4 ダノンファンタジーが人気に応えて完勝でした。
これでグランアレグリアが阪神ジュベナイルフィリーズに出てくるなら、リベンジといきたいところだと思います。
少頭数のレースでしたが、印を打った馬で5着まですべて入ってくれたので予想としてはまずまず良かったと思います。