第54回 京王杯2歳ステークス 過去10年のデータ分析

2018年11月3日
東京競馬場 G2 第54回 京王杯2歳ステークス 芝1400m

◆過去10年の優勝馬

2017年 タワーオブロンドン
2016年 モンドキャンノ
2015年 ボールライトニング
2014年 セカンドテーブル
2013年 カラダレジェンド
2012年 エーシントップ
2011年 レオアクティブ
2010年 グランプリボス
2009年 エイシンアポロン
2008年 ゲットフルマークス

距離が芝1400mと少し短いですが、G1の朝日杯フューチュリティステークスや阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦に位置づけられているレースです。
過去10年の勝ち馬は牡馬しかおらず、次走はほとんどが朝日杯フューチュリティステークスとなっています。
そのレースの成績は比較的良いのですが、成長力が今ひとつ足りない早熟な馬が多いかもしれません。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 2- 1- 8/13 15.4% 30.8% 38.5%
2枠 1- 2- 1-11/15 6.7% 20.0% 26.7%
3枠 1- 1- 1-14/17 5.9% 11.8% 17.6%
4枠 1- 1- 3-13/18 5.6% 11.1% 27.8%
5枠 1- 1- 0-17/19 5.3% 10.5% 10.5%
6枠 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0%
7枠 0- 1- 2-18/21 0.0% 4.8% 14.3%
8枠 3- 0- 1-18/22 13.6% 13.6% 18.2%

3コーナーまでの距離が比較的短いためか1枠と2枠の成績が良くなっています。
反面、8枠も3勝と成績は悪くないので、あまり枠番を気にすることもないと思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
平地・先行 3- 6- 7- 23/ 39 7.7% 23.1% 41.0%
平地・中団 4- 3- 1- 50/ 58 6.9% 12.1% 13.8%
平地・後方 1- 1- 0- 36/ 38 2.6% 5.3% 5.3%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

勝率は逃げ、連対率は先行、複勝率は逃げと先行というように前で競馬する馬の活躍が目立ちます。
もちろん、最後の直線が長い東京競馬場ですから、中団も絶対数では悪くありません。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
2番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 0- 2- 3- 5/ 10 0.0% 20.0% 50.0%
5番人気 3- 1- 0- 6/ 10 30.0% 40.0% 40.0%
6番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
7番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
8番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
14番人気 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
15番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気から5番人気程度まではあまり成績は変わらないようです。
2桁人気馬も2勝しているように、比較的荒れやすいレースかもしれません。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 4- 9- 6- 60/ 79 5.1% 16.5% 24.1%
前走2着 3- 0- 0- 11/ 14 21.4% 21.4% 21.4%
前走3着 0- 0- 2- 13/ 15 0.0% 0.0% 13.3%
前走4着 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3%
前走6~9着 3- 0- 0- 13/ 16 18.8% 18.8% 18.8%
前走10着~ 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%

前走1着は出走数に占める絶対数も多いですが、上位に入る馬も多くなっています。
しかし、前走6着以下でも3頭が1着になるなど、前走があまり良くなくても好走することは多いようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新馬 2- 1- 0-11/14 14.3% 21.4% 21.4%
デイリーG2 2- 0- 1- 5/ 8 25.0% 25.0% 37.5%
函館2歳G3 1- 2- 0- 4/ 7 14.3% 42.9% 42.9%
小倉2歳G3 1- 1- 2- 3/ 7 14.3% 28.6% 57.1%
すずらん 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
くるみ賞500* 1- 0- 1-11/13 7.7% 7.7% 15.4%
ききょう 1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6%
中京2歳 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
未勝利* 0- 2- 2-19/23 0.0% 8.7% 17.4%
サフラン500* 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
カンナS 0- 1- 0- 9/10 0.0% 10.0% 10.0%
野路菊S 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
いちょう 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
かえで賞500* 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
アスター500* 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走は重賞だった馬の好走も目立ちますが、新馬・未勝利・500万下・オープン特別と様々なレースからここに向かってくるようです。
それほど前走については気にしない方が良いかもしれません。