第7回 アルテミスステークス 過去6年のデータ分析

2018年10月27日
東京競馬場 G3 第7回 アルテミスステークス 芝1600m

◆過去6年の優勝馬

2017年 ラッキーライラック
2016年 リスグラシュー
2015年 デンコウアンジュ
2014年 ココロノアイ
2013年 マーブルカテドラル
2012年 コレクターアイテム

G3として行われるのは今回が5回目で、当初2回はグレードのない重賞として行われていました。
芝1600mで行われることもあり、この後のG1の阪神ジュベナイルフィリーズや桜花賞に向けて資質が問われるレースになっています。

◆過去6年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0%
2枠 0- 2- 2- 8/12 0.0% 16.7% 33.3%
3枠 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%
4枠 0- 2- 0- 9/11 0.0% 18.2% 18.2%
5枠 0- 0- 1-11/12 0.0% 0.0% 8.3%
6枠 0- 1- 1-10/12 0.0% 8.3% 16.7%
7枠 1- 0- 1-14/16 6.3% 6.3% 12.5%
8枠 3- 1- 0-12/16 18.8% 25.0% 25.0%

複勝率は2枠が高く、勝率と連対率は8枠が高くなっています。
スタート直後の直線が長い東京競馬場芝1600mコースですから、それほど大きな差はないと思っています。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 2- 0- 4/ 6 0.0% 33.3% 33.3%
平地・先行 2- 0- 4- 13/ 19 10.5% 10.5% 31.6%
平地・中団 3- 3- 2- 42/ 50 6.0% 12.0% 16.0%
平地・後方 1- 1- 0- 24/ 26 3.8% 7.7% 7.7%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

比較的、逃げと先行の成績が良くなっています。
ただ、最後の直線の長い東京競馬場ですから、中団と後方も上位に入る絶対数は多くなっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 2- 0- 2/ 6 33.3% 66.7% 66.7%
2番人気 2- 1- 0- 3/ 6 33.3% 50.0% 50.0%
3番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
4番人気 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3%
5番人気 0- 0- 2- 4/ 6 0.0% 0.0% 33.3%
6番人気 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3%
7番人気 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
8番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
10番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
12番人気 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
13番人気 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
14番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気と2番人気の成績が比較的良くなっています。
次いで、4番人気から6番人気ですが、かなり下位人気まで上位に食い込むことがあるようです。
やはり、まだキャリアの浅い2歳牝馬ですから、思いもよらない力を秘めている馬もいるのだと思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 5- 3- 4- 43/ 55 9.1% 14.5% 21.8%
前走2着 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
前走3着 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
前走4着 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
前走5着 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
前走6~9着 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%
前走10着~ 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%

前走1着の馬が圧倒していますが、前走が2着から5着の馬も3着内に入ってくることはあるようです。
ただ、前走6着以下の馬は全く3着以内に入っておらず、かなり厳しい戦いになるようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
未勝利* 2- 0- 2- 4/ 8 25.0% 25.0% 50.0%
未勝利・牝* 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2%
芙蓉S 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%
新馬・牝 1- 0- 0-13/14 7.1% 7.1% 7.1%
デイリーG2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
新馬 0- 1- 1-12/14 0.0% 7.1% 14.3%
札幌2歳G3 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0%
りんどう500* 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
アスター500* 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
サフラン500* 0- 0- 1-13/14 0.0% 0.0% 7.1%
クローバ 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%

前走は未勝利や新馬でも問題ないですし、重賞でも上位に入ってきています。
前走についてはあまり気にしなくても良さそうですが、その着順だけは気にした方が良さそうです。