第21回 富士ステークス 過去10年のデータ分析

2018年10月20日
東京競馬場 G3 第21回 富士ステークス 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

2017年 エアスピネル
2016年 ヤングマンパワー
2015年 ダノンプラチナ
2014年 ステファノス
2013年 ダノンシャーク
2012年 クラレント
2011年 エイシンアポロン
2010年 ダノンヨーヨー
2009年 アブソリュート
2008年 サイレントプライド

マイルチャンピオンシップの前哨戦として位置づけられるこのレースですが、優勝馬でも本番では好走はするのですが、優勝馬は過去10年出ていません。
やはり格付けがG3ということも影響しているのでしょうか?

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 3- 1- 3- 34/ 41 7.3% 9.8% 17.1%
4歳 4- 3- 3- 12/ 22 18.2% 31.8% 45.5%
5歳 3- 3- 3- 31/ 40 7.5% 15.0% 22.5%
6歳 0- 3- 0- 33/ 36 0.0% 8.3% 8.3%
7歳 0- 0- 0- 14/ 14 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%

3歳の出走がかなり多いようですが、それほど好成績とは言えないようです。
圧倒的に強いのは4歳で次いで5歳となっています。
6歳以上はかなり厳しい戦いを強いられているようです。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 0-16/17 0.0% 5.9% 5.9%
2枠 2- 1- 1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
3枠 2- 0- 2-15/19 10.5% 10.5% 21.1%
4枠 1- 3- 0-15/19 5.3% 21.1% 21.1%
5枠 2- 1- 1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
6枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 5.0% 15.0%
7枠 1- 1- 4-17/23 4.3% 8.7% 26.1%
8枠 2- 2- 0-21/25 8.0% 16.0% 16.0%

1枠の成績が非常に悪くなっています。
また、6枠と8枠の複勝率も少し低めです。
基本的には2枠から5枠が走りやすそうです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
平地・先行 4- 3- 6- 29/ 42 9.5% 16.7% 31.0%
平地・中団 5- 5- 1- 53/ 64 7.8% 15.6% 17.2%
平地・後方 1- 2- 3- 39/ 45 2.2% 6.7% 13.3%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

最後の直線の長い東京競馬場ですが、先行の成績の方が中団より良くなっています。
マイル戦の重賞ともなれば、前の馬も簡単には止まらないことが原因かもしれません。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 1- 0- 6/ 10 30.0% 40.0% 40.0%
2番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
3番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
4番人気 2- 2- 0- 6/ 10 20.0% 40.0% 40.0%
5番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
6番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
12番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
13番人気 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
14番人気 0- 1- 2- 6/ 9 0.0% 11.1% 33.3%
15番人気 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
16番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

1着は6番人気までの馬で決まっています。
比較的2着や3着が荒れやすいようで、10番人気以下でも2着3回3着5回となっています。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 1- 2- 21/ 27 11.1% 14.8% 22.2%
前走2着 1- 2- 1- 14/ 18 5.6% 16.7% 22.2%
前走3着 0- 0- 1- 13/ 14 0.0% 0.0% 7.1%
前走4着 2- 0- 1- 13/ 16 12.5% 12.5% 18.8%
前走5着 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2%
前走6~9着 1- 3- 3- 33/ 40 2.5% 10.0% 17.5%
前走10着~ 2- 3- 2- 30/ 37 5.4% 13.5% 18.9%

前走5着までの馬が1着になりやすいようです。
しかし、前走6着以下の馬も3-6-5-63と好走例は多いので注意が必要です。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ポートア 2- 0- 1-23/26 7.7% 7.7% 11.5%
オータムHG3 1- 3- 1-24/29 3.4% 13.8% 17.2%
安田記念G1 1- 3- 0- 8/12 8.3% 33.3% 33.3%
ダービーHG3 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
毎日王冠G2 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
関屋記念G3 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0%
セントラG2 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
札幌記念G2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
皐月賞G1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ラジオNIHG3 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0%
エプソムG3 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
朝日チャG3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
オールカG2 0- 0- 2- 0/ 2 0.0% 0.0% 100.0%
西宮S1600 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
信越SH 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
朱鷺S 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
六甲S 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
マイラーG2 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走は重賞だった馬の好走が目立ちます。
3歳のマイルG1のNHKマイルカップが表にはありませんが、0-0-0-6の成績となっており、あまり相性は良くないようです。