第23回 秋華賞 過去10年のデータ分析

2018年10月14日
京都競馬場 G1 第23回 秋華賞 芝2000m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ディアドラ
2016年 ヴィブロス
2015年 ミッキークイーン
2014年 ショウナンパンドラ
2013年 メイショウマンボ
2012年 ジェンティルドンナ
2011年 アヴェンチュラ
2010年 アパパネ
2009年 レッドディザイア
2008年 ブラックエンブレム

今週は牝馬クラシック最終戦の秋華賞が行われます。
ここを勝った馬はエリザベス女王杯やジャパンカップに向かうことが多いようで、今後のレースにもつながる重要な一戦です。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 4- 1-15/20 0.0% 20.0% 25.0%
2枠 2- 2- 3-13/20 10.0% 20.0% 35.0%
3枠 2- 0- 1-17/20 10.0% 10.0% 15.0%
4枠 1- 1- 0-18/20 5.0% 10.0% 10.0%
5枠 0- 2- 0-18/20 0.0% 10.0% 10.0%
6枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 5.0% 15.0%
7枠 3- 0- 3-23/29 10.3% 10.3% 20.7%
8枠 2- 0- 0-28/30 6.7% 6.7% 6.7%

1枠と2枠の複勝率が高くなっていますが、勝ち馬は7枠から3頭、8枠から2頭出ており、特に枠番はどこであっても問題ないと思います。
ただ、8枠の複勝率の低さは注意が必要です。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 1- 1- 9/ 11 0.0% 9.1% 18.2%
平地・先行 1- 1- 3- 28/ 33 3.0% 6.1% 15.2%
平地・中団 9- 5- 6- 62/ 82 11.0% 17.1% 24.4%
平地・後方 0- 3- 0- 49/ 52 0.0% 5.8% 5.8%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

複勝率は逃げ、先行、中団とあまり変わりはないようです。
しかし、勝ち馬は9頭が中団から出ていますが、京都競馬場の内回りコースにしては珍しい傾向だと思います。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 1- 2- 4/ 10 30.0% 40.0% 60.0%
2番人気 2- 2- 1- 5/ 10 20.0% 40.0% 50.0%
3番人気 4- 1- 0- 5/ 10 40.0% 50.0% 50.0%
4番人気 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
6番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
7番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
16番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
17番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%

勝ち馬は9頭が1番人気から3番人気までで出ています。
また、複勝率も8番人気程度までが高いことから、比較的人気サイドで決まることが多いと思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 4- 3- 38/ 48 6.3% 14.6% 20.8%
前走2着 4- 2- 2- 13/ 21 19.0% 28.6% 38.1%
前走3着 0- 2- 2- 14/ 18 0.0% 11.1% 22.2%
前走4着 2- 0- 0- 10/ 12 16.7% 16.7% 16.7%
前走5着 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
前走6~9着 0- 0- 1- 35/ 36 0.0% 0.0% 2.8%
前走10着~ 1- 0- 2- 30/ 33 3.0% 3.0% 9.1%

前走1着から5着までの複勝率が高くなっています。
逆に前走6着以下の馬は1-0-3-65と非常に成績は悪いようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ローズSG2 6- 8- 5-61/80 7.5% 17.5% 23.8%
紫苑SG3 2- 1- 0- 9/12 16.7% 25.0% 25.0%
クイーンG3 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
紫苑S 1- 0- 0-32/33 3.0% 3.0% 3.0%
夕月特別1000 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
シリウスHG3 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
札幌記念G2 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
甲武特別500 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
ムーンH1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走はトライアルであるローズステークスや紫苑ステークス組が強く、この2レースから来た馬の成績は9-9-5-102となっており、連対する馬の9割はこれらのレースをステップとしています。
この表にはないオークス直行組は0-0-0-10と3着以内に入った例はありません。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense