第4回 サウジアラビアロイヤルカップ 予想&結果

2018年10月6日
東京競馬場 G3 第4回 サウジアラビアロイヤルカップ 芝1600m

◎ 1 シャドウエンペラー
○ 4 グランアレグリア
▲ 3 ドラウプニル
△ 6 サムシングジャスト
× 2 アマーティ

東京競馬場ではG3のサウジアラビアロイヤルカップが行われます。
このレースからは朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬も出ており、この後のG1戦線に向けて重要な位置づけとなっています。
現在の馬場状態は稍重ですが、天候は晴れとなっていますので、発走までには良馬場になるかもしれません。

◎印は1 シャドウエンペラー。
初戦は重馬場の阪神競馬場で行われた新馬戦。
先行抜け出しで、上がり3F最速タイムを叩き出して、逃げた馬をクビ差しっかり捕らえたのは上出来だと思います。
重馬場の割にはタイムも比較的良く、良馬場発表になったとしても、かなり水分は含んだ馬場になると思っていますので、この重馬場適性も重要かと思います。

○印は4 グランアレグリア。
現在のところ圧倒的1番人気になっていますね。
新馬戦で先行抜け出しにも関わらず、上がり3F最速タイムとなっており、走破タイムは1分33秒6と驚異的なタイム。
このレースの0.3秒差2着に入った馬が次走で未勝利を順当に勝ち上がったことを考えても、この馬の能力は相当なものがあると思います。
騎手も引き続きルメール騎手ですから、しっかりコントロールできると思います。

▲印は3 ドラウプニル。
前走は500万下で残念ながら2着に敗れていますが、スタートで後手を踏んだにも関わらず、一度は先頭に立っているとのことですから、実力はあると思います。
このレースで1着になった馬は芝1400mの新馬戦で好タイムで1着になっていますので、相手が強かったにも関わらず、出遅れたことが敗因だと思います。
今回は騎手をモレイラ騎手に依頼していることからも、期待されている馬なのだと思います。

△印は6 サムシングジャスト。
新馬戦は先行抜け出しの強い競馬で1着となっています。
走破タイムは新潟競馬場としては少し物足りなく感じますが、前が塞がって追い出しを待たれたにも関わらずきっちりとインから差しきったレース運びは十分に力を感じさせるものだと思います。
調教も重いCWコースで上々の追い切りができたようですから、特に問題ないと思います。

×印は2 アマーティ。
新馬戦は中団待機から上がり3F最速タイムを叩き出して2着に0.2秒差をつける完勝。
その上がり3Fのタイムは他馬を寄せ付けない圧倒的なタイムだったようです。
その新馬戦は新潟競馬場でしたが、今回も同じ左回りの東京競馬場。
馬場が多少渋る面は気になりますが、広い東京競馬場でどのような走りをするか楽しみです。

【結果】
1着 ○  4 グランアレグリア
2着    5 ドゴール
3着 ×  2 アマーティ
4着 ▲  3 ドラウプニル
5着 ◎  1 シャドウエンペラー

1着は人気どおり4 グランアレグリアが圧勝。
出負けしても、あっという間に前にとりついて、最後の直線ではほとんど追わずに3馬身以上の差。
実力が全然違いましたね。
今後が非常に楽しみです。