第22回 シリウスステークス 予想&結果

2018年9月29日
阪神競馬場 G3 第22回 シリウスステークス ダート2000m

◎ 8 グレイトパール
○ 16 ウェスタールンド
▲ 6 クインズサターン
△ 3 オメガパフューム
× 5 ヒラボクラターシュ

阪神競馬場ではG3のシリウスステークスが行われます。
今年は11月4日に京都競馬場でJBC競争が行われますので、そのうちのJBCクラシックの前哨戦としての意味合いが非常に強くなっています。
残念ながら、今回は牝馬の出走がありませんので、JBCレディスクラシックへは別ルートから向かっていくものと思われます。
今日はあいにくの雨模様で、ダートはすでに不良発表です。
今後雨がやむことは考えにくいので、不良での競争になるものと思われます。

◎印は8 グレイトパール。
トップハンデの57.5kgを背負う2頭の内の1頭です。
骨折休養明けのアンタレスステークスを制して重賞2勝している強豪です。
前走はかなり不満の残るレースで5着に敗れ、ダートで初の敗退を経験しています。
ただ、それまでは、重賞2勝を含む6連勝。
阪神競馬場ダート2000mも仁川ステークスで勝っていますので、距離的にも問題ないと思います。
また、不良馬場も2勝していますし、今日のコンディションでも問題なく走ると思います。

○印は16 ウェスタールンド。
爪不安による長期休養明けからダートを使われており、ダートでは2戦2勝。
1000万下、1600万下と楽勝してオープンに上がってきた夏の上がり馬です。
芝では青葉賞に挑戦していますが、ダートではこれが初めての重賞挑戦。
相手はかなり強くなりますが、この馬もダートでは底を見せていないうえに、鋭い切れ味を持っていますので、先行争いが激化すればするほど、最後に期待が持てると思います。

▲印は6 クインズサターン。
今年に入ってからは重賞4回を含めて掲示板を外さずに堅実に走っています。
阪神競馬場ダート1800mで行われたアンタレスステークスでは不良馬場の中、8 グレイトパールの0.3秒差3着に入っています。
斤量差は0.5kg増えますが、逆転までは厳しいかなと思っています。

△印は3 オメガパフューム。
前走の交流G1のジャパンダートダービーでは2着に入っており、3歳世代ではトップクラスの実力の持ち主だと思います。
これまで阪神競馬場ダート1800mでは2戦2勝と競馬場との相性も問題ないと思います。
そのうちの1勝は古馬と対決した1000万下で、上がり3Fは目の覚めるような剛脚で一気に差し切っています。
まだ4着以下に敗れたことはなく、底を見せていないことからも、要注意の1頭だと思います。

×印は5 ヒラボクラターシュ。
2頭出走している内のもう1頭の3歳馬です。
3歳限定重賞のレパードステークスで2着、古馬と走ったオープン特別で優勝とこの馬も3歳世代では上位の力は秘めていると思います。
ただ、これも古馬と走った1000万下のレースなのですが、重馬場のレースだった2走で4着以下になっており、重馬場が苦手なのではという疑念があります。
この2走だけは上がり3Fで踏ん張りが利いていないので、後ろの馬に差される結果になっています。
今日の馬場状態がかなり気になる1頭です。

【結果】
1着 △  3 オメガパフューム
2着 ○ 16 ウェスタールンド
3着   14 サンライズソア
4着 ×  5 ヒラボクラターシュ
5着   13 コスモカナディアン

1着は3 オメガパフュームとなりました。
3歳馬は4着に5 ヒラボクラターシュも入っており、斤量が軽くなる利点を十分に生かせたように感じます。
2着の16 ウェスタールンドは最後方から馬群を縫うように追い込んできた脚は凄かったです。
あと一歩届かなかったのは残念ですが、今後につながるレースだったと思います。
◎印を打った8 グレイトパールは4コーナーでは4番手まで捲ってきましたが、そこから失速。
馬体重の-20kgとハンデの影響かなと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense