第52回 スプリンターズステークス 過去10年のデータ分析

2018年9月30日
中山競馬場 G1 第52回 スプリンターズステークス 芝1200m

◆過去10年の優勝馬

2017年 レッドファルクス
2016年 レッドファルクス
2015年 ストレイトガール
2014年 スノードラゴン
2013年 ロードカナロア
2012年 ロードカナロア
2011年 カレンチャン
2010年 ウルトラファンタジ
2009年 ローレルゲレイロ
2008年 スリープレスナイト

秋競馬が始まったと思ったら、あっという間にG1の時期になりましたね。
その最初のレースとして行われるスプリンターズステークスは、その年の最強スプリンターを決めるにふさわしいレースであり、過去の優勝馬も錚々たるメンバーが揃っています。
今年も強豪が激突するようですので、非常に楽しみにしています。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 1- 10/ 11 0.0% 0.0% 9.1%
4歳 3- 2- 5- 16/ 26 11.5% 19.2% 38.5%
5歳 3- 6- 3- 35/ 47 6.4% 19.1% 25.5%
6歳 3- 0- 1- 32/ 36 8.3% 8.3% 11.1%
7歳 0- 2- 0- 27/ 29 0.0% 6.9% 6.9%
8歳 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1%

3歳はまだ出走数も少ないですし、成績もあまり良くありません。
強いのは4歳となっており、年齢が上がるにつれて、成績も悪くなっていくようです。
とはいえ、8歳以上でも勝ち馬が出ていますので、軽視は禁物です。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 1- 0-18/20 5.0% 10.0% 10.0%
2枠 0- 2- 3-15/20 0.0% 10.0% 25.0%
3枠 0- 0- 3-17/20 0.0% 0.0% 15.0%
4枠 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0%
5枠 2- 2- 0-15/19 10.5% 21.1% 21.1%
6枠 0- 0- 1-19/20 0.0% 0.0% 5.0%
7枠 3- 2- 3-12/20 15.0% 25.0% 40.0%
8枠 2- 2- 0-17/21 9.5% 19.0% 19.0%

勝ち馬は比較的外の枠から出ているようで、内枠は不利な感じがします。
コース形状としては、特に内枠が不利になるとも考えにくいのですが、7枠の成績が非常に良くなっています。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
平地・先行 2- 2- 3- 28/ 35 5.7% 11.4% 20.0%
平地・中団 7- 6- 4- 50/ 67 10.4% 19.4% 25.4%
平地・後方 0- 0- 2- 46/ 48 0.0% 0.0% 4.2%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

最後の直線が310mと比較的短いコースなのですが、中団の成績が良くなっています。
また、逃げ馬が残る確率もかなり高いようです。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 1- 0- 5/ 10 40.0% 50.0% 50.0%
2番人気 1- 5- 0- 4/ 10 10.0% 60.0% 60.0%
3番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
5番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
6番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
7番人気 0- 0- 3- 7/ 10 0.0% 0.0% 30.0%
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 0- 1- 3- 6/ 10 0.0% 10.0% 40.0%
10番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
11番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
16番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気から3番人気で7-7-0-16となっており、上位人気馬が強い結果になっています。
しかし、5番人気から9番人気で3着が9頭出ているように、3着は幅広く考えた方が良さそうです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 2- 3- 22/ 30 10.0% 16.7% 26.7%
前走2着 2- 1- 2- 16/ 21 9.5% 14.3% 23.8%
前走3着 1- 2- 0- 9/ 12 8.3% 25.0% 25.0%
前走4着 1- 1- 2- 10/ 14 7.1% 14.3% 28.6%
前走5着 0- 0- 1- 10/ 11 0.0% 0.0% 9.1%
前走6~9着 1- 0- 2- 36/ 39 2.6% 2.6% 7.7%
前走10着~ 2- 3- 0- 26/ 31 6.5% 16.1% 16.1%

前走は1着から4着で7-6-7-57となっており、前走が上位である馬が比較的強い結果になっています。
しかし、前走10着以下でも2-3-0-26と好走事例が多いので注意が必要です。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
セントウG2 4- 3- 3-53/63 6.3% 11.1% 15.9%
キーンラG3 2- 3- 5-32/42 4.8% 11.9% 23.8%
安田記念G1 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
CBC賞HG3 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
北九州記HG3 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1%
シャVG3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
函館スプG3 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
高松宮記G1 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
ヴィクトG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
オータムHG3 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
朱鷺S 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%

このレースにはサマースプリントシリーズから向かってくる馬が多く、特に第5戦のキーンランドカップと最終戦のセントウルステークスが非常に多くなっています。
その他のサマースプリントシリーズでは、距離が異なるアイビスサマーダッシュから向かってきた馬は0-0-0-3となっており、3着以内に入っている馬はいないようです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense