第32回 産経賞セントウルステークス 予想&結果

2018年9月9日
阪神競馬場 G2 第32回 産経賞セントウルステークス 芝1200m

◎ 2 ラブカンプー
○ 9 ネロ
▲ 7 ダイアナヘイロー
△ 5 レジーナフォルテ
× 13 グレイトチャーター

阪神競馬場ではG2のセントウルステークスが行われます。
サマースプリントシリーズ最終戦かつスプリンターズステークスの前哨戦ということなので、夏に頑張ってきた馬とここから始動する馬とが激突するレースになります。

◎印は2 ラブカンプー。
2枠2番ですし、前につける馬としては絶好の枠を引いていると思います。
夏場はサマースプリントシリーズに何度も出走しており、アイビスサマーダッシュ2着、北九州記念3着となっています。
3歳牝馬なので、斤量が非常に軽い点も好走を期待しているところです。
しかし、阪神競馬場との相性は良くなく、フィリーズレビュー、アーリントンカップと2桁着順位なっており、最後の急坂が苦手なのかもしれないと思っています。
未勝利の時に芝1400mで2着がありますから、ただ単に、重賞では能力不足だったからかもしれません。

○印は9 ネロ。
おそらく、今日の渋った馬場は歓迎だと思います。
ダートでも好走例が多く、芝のレースでも重馬場で2勝をあげています。
そのうち1戦は重賞の京阪杯を0.7秒差で圧勝していますので、馬場は悪くなればなるほど上位進出が期待できると思います。
阪神競馬場も一昨年のこのレースで2着に入っていますので、特に問題にしないと思います。

▲印は7 ダイアナヘイロー。
この馬も夏場に頑張ってきたのですが、今ひとつ結果が残せなかったように思われます。
得意の阪神競馬場に戻って、本来の実力が発揮できれば、上位進出は可能だと思っています。
阪神競馬場では芝1400mの阪急杯を勝っています。
1ハロン短くなりますが、条件戦で芝1200mも連勝していますので、特に問題ないと思っています。

△印は5 レジーナフォルテ。
前走はアイビスサマーダッシュで4着となっています。
昨年のアイビスサマーダッシュも3着となっていますし、未勝利戦をレコード勝ちするなど、新潟の直線1000mを得意としているのかもしれません。
それだけ、スピードはあると思いますので、最後の急坂をこなせれば上位進出も可能と思っています。
1600万下で中山競馬場の芝1200mを勝っていますので、なんとかこなせるのではないかと思います。

×印は13 グレイトチャーター。
この馬も夏場に頑張ってきているのですが、CBC賞で18着、北九州記念は立て直されて4着となっています。
阪神競馬場は比較的得意としているようなのですが、今日の馬場で後ろからとなると少し厳しいかもしれません。
CBC賞も着順は最下位ですが、タイム差は0.9秒とそれほど大きく負けてはいないので、ここで巻き返しを期待したいところです。

【結果】
1着   14 ファインニードル
2着 ◎  2 ラブカンプー
3着 × 13 グレイトチャーター
4着    4 コウエイタケル
5着    8 ラインスピリット

1着は14 ファインニードルとなり、強い馬が強く勝ったようです。
海外遠征帰り初戦は割引という感覚が私の中にあるので無印でしたが、これだけ十分に休養できていれば特に問題なかったようですね。
2着の2 ラブカンプーはコース適性と重馬場適性を心配していましたが、よく頑張ったと思います。
ただ、6着に入った9 ネロにはもう少し頑張って欲しかったです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense