第3回 紫苑ステークス 過去10年のデータ分析

2018年9月8日
中山競馬場 G3 第3回 紫苑ステークス 芝2000m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ディアドラ
2016年 ビッシュ
2015年 クインズミラーグロ
2014年 レーヴデトワール
2013年 セキショウ
2012年 パララサルー
2011年 カルマート
2010年 ディアアレトゥーサ
2009年 ダイアナバローズ
2008年 モエレカトリーナ

紫苑ステークスは第3回ということで、2015年以前はオープン特別で行われていた同名のレースを参考にしています。
2014年のみ新潟競馬場で行われていますが、他の年は中山競馬場の同コースですので大きな問題はないと思います。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 2- 3-11/16 0.0% 12.5% 31.3%
2枠 1- 0- 0-17/18 5.6% 5.6% 5.6%
3枠 1- 1- 2-15/19 5.3% 10.5% 21.1%
4枠 1- 1- 1-16/19 5.3% 10.5% 15.8%
5枠 3- 2- 0-13/18 16.7% 27.8% 27.8%
6枠 1- 1- 3-15/20 5.0% 10.0% 25.0%
7枠 1- 2- 1-20/24 4.2% 12.5% 16.7%
8枠 2- 1- 0-22/25 8.0% 12.0% 12.0%

5枠から1着が3頭、2着が2頭出ています。
1枠のみは1着がありませんが、複勝率は最も高くなっています。
8枠は1着を2頭出していますが、複勝率は低くなっていますが、最も複勝率が悪いのは2枠となっています。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 1- 1- 9/ 12 8.3% 16.7% 25.0%
平地・先行 3- 1- 2- 28/ 34 8.8% 11.8% 17.6%
平地・中団 5- 8- 6- 54/ 73 6.8% 17.8% 26.0%
平地・後方 0- 0- 1- 37/ 38 0.0% 0.0% 2.6%
平地・マクリ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%

逃げ、先行、中団といった脚質はどの脚質でもあまり問題はなさそうです。
ただし、先行の連対率と複勝率は少し低めなことは注意が必要です。
後方はかなり厳しい結果となっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 1- 2- 4/ 10 30.0% 40.0% 60.0%
2番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
3番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
4番人気 2- 2- 2- 4/ 10 20.0% 40.0% 60.0%
5番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
6番人気 1- 3- 1- 5/ 10 10.0% 40.0% 50.0%
7番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
8番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
13番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気は人気どおり強い競馬をすることが多いようです。
しかし、その次に強いのは4番人気から6番人気となっています。
それでも、比較的上位人気で決まっていると言えると思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 4- 5- 4- 32/ 45 8.9% 20.0% 28.9%
前走2着 0- 2- 0- 9/ 11 0.0% 18.2% 18.2%
前走3着 2- 0- 0- 12/ 14 14.3% 14.3% 14.3%
前走4着 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
前走5着 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
前走6~9着 3- 1- 3- 26/ 33 9.1% 12.1% 21.2%
前走10着~ 0- 2- 1- 37/ 40 0.0% 5.0% 7.5%

複勝率は前走1着が最も高くなっていますが、勝率は少し低めになっています。
勝率が高いのは前走3着及び4着となっています。
また、前走6着以下も3-3-4-63となっており、軽視は禁物だと思います。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
村上特別500 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
優駿牝馬G1 1- 0- 4-19/24 4.2% 4.2% 20.8%
500万下 1- 0- 0-13/14 7.1% 7.1% 7.1%
大倉山特1000 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
桜花賞G1 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
関東オG2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
信濃川H1000 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
小豆島特1000 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
HTB賞1000 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
クイーンG3 0- 2- 0- 1/ 3 0.0% 66.7% 66.7%
500万下・牝 0- 1- 2-15/18 0.0% 5.6% 16.7%
かもめ島1000 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7%
スイート 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
三面川特1000 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
糸魚川特500 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
出雲崎特500 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
藻岩山H1000 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
インディ500 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
カーネー500* 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
鳥屋野特500 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
浦佐特別500 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走は桜花賞、オークスといったG1の馬もいますが、前走は条件戦だった馬が多数参戦しており、結果も残しています。
レースの格は関係なく、特に夏の上がり馬には注意が必要かと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense