第38回 小倉2歳ステークス 過去10年のデータ分析

2018年9月2日
小倉競馬場 G3 第38回 小倉2歳ステークス  芝1200m

◆過去10年の優勝馬

2017年 アサクサゲンキ
2016年 レーヌミノル
2015年 シュウジ
2014年 オーミアリス
2013年 ホウライアキコ
2012年 マイネルエテルネル
2011年 エピセアローム
2010年 ブラウンワイルド
2009年 ジュエルオブナイル
2008年 デグラーティア

小倉競馬場では芝1200mの2歳限定重賞の小倉2歳ステークスが行われます。
札幌競馬場は芝1800mですが、こちらは芝1200mの電撃戦。
快速自慢の若駒が集結して、どの馬が一番早いかを競うところを楽しみにしたいと思います。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 2-12/15 0.0% 6.7% 20.0%
2枠 1- 1- 2-14/18 5.6% 11.1% 22.2%
3枠 3- 1- 1-14/19 15.8% 21.1% 26.3%
4枠 2- 0- 1-16/19 10.5% 10.5% 15.8%
5枠 0- 0- 2-18/20 0.0% 0.0% 10.0%
6枠 0- 0- 0-20/20 0.0% 0.0% 0.0%
7枠 2- 4- 1-14/21 9.5% 28.6% 33.3%
8枠 2- 3- 1-18/24 8.3% 20.8% 25.0%

6枠は3着以内に全く入っていない鬼門となっています。
しかし、そのとなりの7枠は複勝率が最も高くなっています。
また、勝率は3枠が高くなっており、あまり枠による差はないと思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
平地・先行 6- 5- 2- 26/ 39 15.4% 28.2% 33.3%
平地・中団 4- 2- 5- 55/ 66 6.1% 9.1% 16.7%
平地・後方 0- 1- 1- 39/ 41 0.0% 2.4% 4.9%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

逃げ、先行の前で競馬する馬が有利になっています。
中団も4勝していますので、絶対数としては無視出来ませんが、複勝率はあまり良くありません。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 3- 1- 3/ 10 30.0% 60.0% 70.0%
2番人気 4- 1- 1- 4/ 10 40.0% 50.0% 60.0%
3番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
5番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
6番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
7番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
8番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
16番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気から3番人気までで9勝していますので、軸は人気馬を中心に考えた方が良いと思われます。
しかし、2着は5番人気から10番人気で6回出ていますので、紐荒れしやすいレースと言えるかもしれません。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 9- 9- 9- 97/124 7.3% 14.5% 21.8%
前走2着 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
前走3着 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0%
前走4着 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
前走10着~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

前走1着が圧倒的に強いですが、出走数も前走1着が圧倒的に多いので当然の結果だと思います。
前走4着以下の馬は3着以内に全く入ってきていないので、前走3着までの馬を中心に考えれば良いと思います。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新馬 3- 3- 5-45/56 5.4% 10.7% 19.6%
フェニッ 2- 3- 1-20/26 7.7% 19.2% 23.1%
未勝利* 2- 2- 1-33/38 5.3% 10.5% 13.2%
新馬・牝 1- 1- 1- 7/10 10.0% 20.0% 30.0%
未勝利・牝* 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1%
中京2歳 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ひまわり 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%
マリーゴ 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
ダリア賞 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
函館2歳G3 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

このレースに出走した馬の前走をすべて挙げてみましたが、あまり有意な差はないように思われます。
前走が新馬や未勝利といった馬が多いので、取捨は難しいと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense