第54回 札幌記念 予想&結果

2018年8月19日
札幌競馬場 G2 第54回 札幌記念  芝2000m

◎ 8 ネオリアリズム
○ 9 サクラアンプルール
▲ 6 クロコスミア
△ 2 サングレーザー
× 13 スズカデヴィアス

札幌競馬場ではG2の札幌記念が行われます。
例年スーパーG2とも呼ばれるようにG1馬の出走も多く、秋に向けての始動戦に選ぶ馬も多いので、白熱した展開が期待できると思います。
反面、北海道の洋芝適性がはっきりしない馬も多いので、その面が難しいところでもあります。

◎印は8 ネオリアリズム。
札幌競馬場は非常に得意としており、一昨年の札幌記念の優勝馬で、他にも条件戦で2走していますが、どちらも1着となっています。
昨年からは海外遠征が多く、昨年春には香港のクイーンエリザベス2世カップで優勝しています。
その後は昨年末の香港カップで3着に入っており、7歳になりましたが、まだまだ十分力があると思っています。
騎手も乗り慣れたモレイラ騎手であり、札幌競馬場は知り尽くしているとも言えるので、この馬の実力を存分に発揮させてくれると思います。

○印は9 サクラアンプルール。
前走の函館記念ではトップハンデの57.5kgを背負って2着に入っており、好調を持続していると思います。
今年に入ってからは掲示板を外したことが無く、この馬も7歳になりましたが、まだまだ十分に通用する力を持っていると思います。
また、昨年の札幌記念の優勝馬でもあり、洋芝適性は非常に高いと思っています。

▲印は6 クロコスミア。
昨年のエリザベス女王杯では15 モズカッチャンにクビ差敗れて2着となっています。
その時の斤量差が2kg重かったのに対して、このレースでは同斤量となっていますので、逆転まで十分可能だと思っています。
しかし、京都記念では同斤量だったにも関わらず、大きく差をつけられたのは多少気にかかるところではあります。
もしかしたら、休養明けは苦手なのかもしれませんが、5か月休養明けでローズステークスをシンハライトのハナ差2着になっていますので、一概には言えないと思っています。

△印は2 サングレーザー。
芝2000mの距離が保つかどうかで評価が決まると思います。
2歳時に未勝利で芝1800mを勝ち、3歳時に芝2000mのホープフルステークスで5着。
本格化した今なら芝2000mは保つかもしれませんが、評価は下げざるを得ないと思います。
札幌競馬場は2戦2勝の相性の良い競馬場ではありますから、特に問題はないかもしれません。

×印は13 スズカデヴィアス。
この馬も7歳になりましたが、まだまだ重賞で上位に食い込む力は十分にあると思います。
今年に入ってからは初戦の京都金杯こそ11着に敗れましたが、それ以降は4戦連続で掲示板に載る好走を見せています。
前走は函館記念で9 サクラアンプルールから遅れること0.2秒の5着。
この馬もハンデは57kgを背負っており、上がり3Fは2番目のタイムをたたき出して追い込んでいますので、展開次第では上位に進出することがあるかもしれないと思っています。

【結果】
1着 △  2 サングレーザー
2着    5 マカヒキ
3着   15 モズカッチャン
4着   12 サウンズオブアース
5着   10 スティッフェリオ

1着は2 サングレーザーとなり、秋に向けて選択の幅が非常に広がりましたね。
2着は5 マカヒキ、3着は15 モズカッチャンとここまでは仕方ないと思います。
秋に向けて、それぞれ良いスタートを切れたのではないでしょうか。
ただ、12 サウンズオブアースが4着に好走したのは本当に想定外。
もう全盛期は過ぎたと思っていたので、ここまで走れるとは思いませんでした。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense