第53回 テレビ西日本賞北九州記念 過去10年のデータ分析

2018年8月19日
小倉競馬場 G3 第53回 テレビ西日本賞北九州記念  芝1200m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ダイアナヘイロー
2016年 バクシンテイオー
2015年 ベルカント
2014年 リトルゲルダ
2013年 ツルマルレオン
2012年 スギノエンデバー
2011年 トウカイミステリー
2010年 メリッサ
2009年 サンダルフォン
2008年 スリープレスナイト

小倉競馬場ではG3の北九州記念が行われます。
サマースプリントシリーズ第4戦として行われるとともに、スプリンターズステークスの前哨戦にも位置づけられているので、白熱した戦いを期待したいですね。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 2- 1- 15/ 18 0.0% 11.1% 16.7%
4歳 4- 5- 4- 19/ 32 12.5% 28.1% 40.6%
5歳 3- 3- 2- 41/ 49 6.1% 12.2% 16.3%
6歳 2- 0- 2- 36/ 40 5.0% 5.0% 10.0%
7歳 1- 0- 1- 19/ 21 4.8% 4.8% 9.5%
8歳 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%

4歳が非常に優秀な成績となっています。
3歳も勝ち馬は出ていませんが、連対率と複勝率は5歳とほぼ並んで、そこそこの成績となっています。

○斤量

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~49kg 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
49.5~51kg 0- 1- 1- 18/ 20 0.0% 5.0% 10.0%
51.5~53kg 4- 5- 3- 41/ 53 7.5% 17.0% 22.6%
53.5~55kg 5- 3- 2- 42/ 52 9.6% 15.4% 19.2%
55.5~57kg 1- 1- 4- 27/ 33 3.0% 6.1% 18.2%
57.5~59kg 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
59.5~ 0- 0- 0- 0/ 0

勝率は51.5kgから55kgが非常に高くなっており、このハンデで9頭の優勝馬を輩出しています。
もともとこのハンデの馬が好走することが多く、9-8-5-83となっており、これ以外のハンデの馬は割引が必要かと思います。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 0-17/18 5.6% 5.6% 5.6%
2枠 3- 0- 1-15/19 15.8% 15.8% 21.1%
3枠 0- 2- 2-15/19 0.0% 10.5% 21.1%
4枠 1- 4- 1-14/20 5.0% 25.0% 30.0%
5枠 2- 0- 0-18/20 10.0% 10.0% 10.0%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 0- 2- 1-22/25 0.0% 8.0% 12.0%
8枠 2- 1- 3-20/26 7.7% 11.5% 23.1%

1枠の成績があまり良くないようです。
優勝馬はほぼ満遍なく出ているので、それほど有利な枠というものはないと思われます。
スタートから3コーナーまでの直線の距離も比較的長いので、外枠でもあまり不利にはなっていないようです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
平地・先行 5- 5- 4- 29/ 43 11.6% 23.3% 32.6%
平地・中団 4- 4- 4- 55/ 67 6.0% 11.9% 17.9%
平地・後方 1- 1- 1- 43/ 46 2.2% 4.3% 6.5%
平地・マクリ 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

先行が非常に有利となっています。
その反面、逃げは3着以内に全く入っておらず、逃げ切ることは難しいようです。
中団も上位に入る絶対数は多いので注意が必要です。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
2番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
3番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
4番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
5番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
6番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
7番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
8番人気 5- 0- 0- 5/ 10 50.0% 50.0% 50.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
13番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
14番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
15番人気 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
16番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
18番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%

8番人気が5勝しており、12番人気から14番人気が2着に1回ずつ入ったりしており、中位から下位人気でも上位に入る馬は多そうです。
とはいえ、1番人気から5番人気までで4-7-6-33となっており、上位人気の取捨は難しいようです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 4- 5- 5- 20/ 34 11.8% 26.5% 41.2%
前走2着 0- 2- 0- 10/ 12 0.0% 16.7% 16.7%
前走3着 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
前走4着 2- 0- 1- 11/ 14 14.3% 14.3% 21.4%
前走5着 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 2- 3- 1- 37/ 43 4.7% 11.6% 14.0%
前走10着~ 1- 0- 3- 45/ 49 2.0% 2.0% 8.2%

前走1着だった馬の連対率と複勝率は非常に高くなっています。
反面、勝率は前走3着と4着の後塵を拝しています。
前走5着以下の馬は3-3-4-90となっており、あまり良い成績ではないようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
アイビスG3 3- 2- 3-41/49 6.1% 10.2% 16.3%
バーデンH 2- 0- 1-15/18 11.1% 11.1% 16.7%
佐世保S1600 1- 1- 1- 3/ 6 16.7% 33.3% 50.0%
CBC賞HG3 1- 0- 3-24/28 3.6% 3.6% 14.3%
米子SH 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
佐世保特1000 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ルミエー 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
北九州短1600 0- 2- 0- 6/ 8 0.0% 25.0% 25.0%
ジュライ1600 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
船橋SH1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
水無月S1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
九州スポ1000 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
NST賞 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
優駿牝馬G1 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
稲妻特別1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

この中にサマースプリントシリーズ第1戦の函館スプリントステークスが入っていないのですが、直接このレースから参戦した馬は0-0-0-8となっており、3着以内には入っていません。
第2戦のCBC賞、第3戦のアイビスサマーダッシュから向かってくる馬は多いのですが、それほど好走していると結果ではないようです。
前走がオープン特別や1600万下でも十分に戦える結果になっていますので、取捨は難しいと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense