第23回 エルムステークス 過去10年のデータ分析

2018年8月12日
札幌競馬場 G3 第23回 エルムステークス  ダート1700m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ロンドンタウン
2016年 リッカルド
2015年 ジェベルムーサ
2014年 ローマンレジェンド
2013年 フリートストリート
2012年 ローマンレジェンド
2011年 ランフォルセ
2010年 クリールパッション
2009年 マチカネニホンバレ
2008年 フェラーリピサ

中央競馬のダート戦なのですが、過去10年の勝ち馬からは中央競馬でG1を制覇する馬は出ていないようです。
上記した10頭の内、ローマンレジェンドのみが地方交流G1を勝っていますが、それもこのレースの前のことでした。
ここの勝ち馬はあまりG1に直結しないということのようです。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
4歳 5- 1- 4- 11/ 21 23.8% 28.6% 47.6%
5歳 4- 3- 4- 21/ 32 12.5% 21.9% 34.4%
6歳 1- 2- 1- 34/ 38 2.6% 7.9% 10.5%
7歳 0- 4- 0- 18/ 22 0.0% 18.2% 18.2%
8歳 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%

4歳と5歳が圧倒的な成績を残していますが、特に4歳が強いようです。
とはいえ、7歳も2着4回と気を吐いていますので、軽視は禁物です。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1%
2枠 1- 1- 1- 8/11 9.1% 18.2% 27.3%
3枠 0- 1- 1-10/12 0.0% 8.3% 16.7%
4枠 4- 2- 1-10/17 23.5% 35.3% 41.2%
5枠 1- 2- 1-15/19 5.3% 15.8% 21.1%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
8枠 1- 2- 3-14/20 5.0% 15.0% 30.0%

4枠の成績が飛び抜けて良くなっています。
しかし、勝ち馬は各枠から満遍なく出ていますので、それほど気にする必要はないと思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 1- 5- 4/ 10 0.0% 10.0% 60.0%
平地・先行 8- 8- 3- 12/ 31 25.8% 51.6% 61.3%
平地・中団 0- 1- 1- 42/ 44 0.0% 2.3% 4.5%
平地・後方 0- 0- 1- 39/ 40 0.0% 0.0% 2.5%
平地・マクリ 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%

逃げ・先行の前で競馬する馬が圧倒的に有利になっています。
特に勝ち馬と2着馬は先行から8頭ずつ出ており、先行中心で考えても良さそうです。
4コーナーで前につけているマクリも入れると勝ち馬10頭すべてが4コーナーで前につけていたという結果になっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 1- 3- 4/ 10 20.0% 30.0% 60.0%
2番人気 3- 1- 0- 6/ 10 30.0% 40.0% 40.0%
3番人気 3- 0- 1- 6/ 10 30.0% 30.0% 40.0%
4番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
5番人気 0- 3- 1- 6/ 10 0.0% 30.0% 40.0%
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
8番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

1着馬は3番人気までで8頭出ていますので、軸としては人気どおりに決まることが多いようです。
しかし、2着馬以降は10番人気程度まで散らばっていて、紐荒れしやすいレースかもしれません。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 5- 2- 3- 15/ 25 20.0% 28.0% 40.0%
前走2着 1- 2- 4- 9/ 16 6.3% 18.8% 43.8%
前走3着 1- 2- 0- 9/ 12 8.3% 25.0% 25.0%
前走4着 0- 2- 2- 7/ 11 0.0% 18.2% 36.4%
前走5着 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5%
前走6~9着 1- 1- 0- 25/ 27 3.7% 7.4% 7.4%
前走10着~ 2- 0- 1- 25/ 28 7.1% 7.1% 10.7%

前走4着までの馬の連対率、複勝率が高くなっています。
また、前走1着だった馬が1着になることが5回あり、前走好走していることが、このレースでも好走につながりやすいようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
しらかばH 2- 1- 3-16/22 9.1% 13.6% 27.3%
安達太良1600 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%
平安SG3 1- 2- 0- 3/ 6 16.7% 50.0% 50.0%
マリーンH 1- 1- 0-15/17 5.9% 11.8% 11.8%
クラスG3 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
マリーン 1- 0- 1- 8/10 10.0% 10.0% 20.0%
東京大G1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ジュライ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
マーキG3 0- 1- 2- 3/ 6 0.0% 16.7% 50.0%
帝王賞G1 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
ブリーG2 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
プロキオG3 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
大沼SH 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
名古屋G3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
報知杯H1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
大沼S 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
JCDG1 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走は様々なレースからこのレースに向かってきており、どのレースが有利ということはないようです。
前走が1600万下でも1着が2回ありますので、レースの格もあまり関係ないようです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense