第66回 北海道新聞杯クイーンステークス 予想&結果

2018年7月29日
札幌競馬場 G3 第66回 北海道新聞杯クイーンステークス  芝1800m

◎ 9 ディアドラ
○ 5 フロンテアクイーン
▲ 1 アグレアーブル
△ 2 ソウルスターリング
× 6 リバティハイツ

札幌競馬場ではG3のクイーンステークスが行われます。
秋に向けての重要な一戦ですから、どの馬にも頑張って欲しいのですが、出走馬の顔ぶれは少し寂しい感じがします。

◎印は9 ディアドラ。
前走は海外遠征のドバイターフで3着になっています。
海外遠征帰りの馬は少し割引と思っているのですが、それ以上に他馬が頼りなく感じましたので、消去法での◎印です。
とはいえ、昨年秋は紫苑ステークス優勝後、秋華賞も優勝しており、現4歳世代を代表する馬の一頭であることは間違いないと思います。
ただ、その後のエリザベス女王杯と今年の始動戦の京都記念が今ひとつの成績だったのはいただけないと思います。

○印は5 フロンテアクイーン。
勝ちきれないまでも安定感は出走馬中No.1と言えると思います。
すでに重賞で2着4回とすぐそこまで戴冠は届くところに来ているのですが、あと少しが足りないようです。
今回は4か月半の休養明けになりますが、休養明けはそれほど苦手とはしていないので、リフレッシュが良い方向に出ればと思います。

▲印は1 アグレアーブル。
まだ1000万下の馬の格上挑戦です。
芝1800mの持ち時計はあまり良くないのですが、函館競馬場で2勝していることから、洋芝を得意としていると思っています。
しかも鞍上は昨年の札幌競馬場での複勝率が50%を超えるモレイラ騎手を迎えていますので、1枠1番を引いたことも併せて怖い1頭だと思います。

△印は2 ソウルスターリング。
3歳時のオークスで燃え尽きたのではないかと思いますが、このメンバーならばまだ実力上位と思われます。
過去データでも前走ヴィクトリアマイルだった馬の好走は目立ちますので、ここで復活してくるかもしれないと思っています。
なお、2枠に入った馬は過去10年で3-2-0-5と好走していることも有利な点かと思います。

×印は6 リバティハイツ。
結局、今回のレースはそれほど荒れないと思いますし、単勝人気も少頭数ということもあって、あまり高い馬がいないので、×印でも穴馬というほどではなくなってしまいます。
本来ならば、1 アグレアーブルあたりを穴馬にしたいのですが、そのくらいの馬が上位に来てしまうほど実力伯仲だと思います。
この馬ももっと人気がなくても良いと思うのですが、現在のところ4番人気。
斤量に恵まれた3歳馬で芝1400mの重賞を勝っていますが、芝1800mは未経験、芝1600mの桜花賞は6着という、なんとなく微妙な感じだと思います。

【結果】
1着 ◎  9 ディアドラ
2着 ○  5 フロンテアクイーン
3着 △  2 ソウルスターリング
4着    3 トーセンビクトリー
5着    8 アンドリエッテ

1着は1番人気に応えて9 ディアドラが完勝。
やはりこの1頭だけ別次元の馬だったようです。
3着に入った2 ソウルスターリングがこれをきっかけに復活してくれるといいですね。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense