第18回 アイビスサマーダッシュ 過去10年のデータ分析

2018年7月29日
新潟競馬場 G3 第18回 アイビスサマーダッシュ  芝1000m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ラインミーティア
2016年 ベルカント
2015年 ベルカント
2014年 セイコーライコウ
2013年 ハクサンムーン
2012年 パドトロワ
2011年 エーシンヴァーゴウ
2010年 ケイティラブ
2009年 カノヤザクラ
2008年 カノヤザクラ

新潟競馬場の名物レースのアイビスサマーダッシュですが、このコースを異様に得意とする馬がいるのも事実。
秋に向けてどの馬が一直線を最初に駆け抜けるか非常に楽しみにしています。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 1- 2- 11/ 14 0.0% 7.1% 21.4%
4歳 4- 1- 1- 7/ 13 30.8% 38.5% 46.2%
5歳 3- 6- 4- 32/ 45 6.7% 20.0% 28.9%
6歳 1- 2- 3- 36/ 42 2.4% 7.1% 14.3%
7歳 2- 0- 0- 28/ 30 6.7% 6.7% 6.7%
8歳 0- 0- 0- 13/ 13 0.0% 0.0% 0.0%

出走数が異様に少ないですが、4歳が圧倒的な成績を残しています。
次いで、5歳、3歳の順になりますが、3歳も出走数はかなり少ないです。
8歳以上は全く馬券に絡んでいないので、割引で良いかと思います。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 0- 1-16/17 0.0% 0.0% 5.9%
2枠 2- 1- 2-12/17 11.8% 17.6% 29.4%
3枠 0- 1- 0-16/17 0.0% 5.9% 5.9%
4枠 1- 0- 0-19/20 5.0% 5.0% 5.0%
5枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
6枠 0- 3- 1-16/20 0.0% 15.0% 20.0%
7枠 1- 1- 5-18/25 4.0% 8.0% 28.0%
8枠 5- 3- 0-16/24 20.8% 33.3% 33.3%

8枠が圧倒的に有利で1着5頭2着3頭を輩出しています。
馬場が荒れていない外枠を最初から走れることによって、外枠有利は定説なのですが、2枠が不思議と好成績になっています。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 4- 0- 10/ 16 12.5% 37.5% 37.5%
平地・先行 4- 3- 4- 27/ 38 10.5% 18.4% 28.9%
平地・中団 3- 1- 5- 49/ 58 5.2% 6.9% 15.5%
平地・後方 1- 2- 1- 44/ 48 2.1% 6.3% 8.3%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

逃げ・先行が有利な結果になっています。
中団でもかなり厳しい結果になっており、後ろからの馬は割引かと思います。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5- 1- 0- 4/ 10 50.0% 60.0% 60.0%
2番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
4番人気 0- 0- 3- 7/ 10 0.0% 0.0% 30.0%
5番人気 0- 3- 0- 7/ 10 0.0% 30.0% 30.0%
6番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
7番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
11番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
17番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気が5頭1着となっており、1着は人気どおり決まりやすいようです。
2着以下も6番人気程度までで決まっており、荒れる要素は少ないと思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 1- 1- 5- 12/ 19 5.3% 10.5% 36.8%
前走2着 1- 2- 1- 10/ 14 7.1% 21.4% 28.6%
前走3着 2- 2- 0- 8/ 12 16.7% 33.3% 33.3%
前走4着 3- 0- 1- 9/ 13 23.1% 23.1% 30.8%
前走5着 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
前走6~9着 0- 3- 1- 36/ 40 0.0% 7.5% 10.0%
前走10着~ 1- 0- 2- 46/ 49 2.0% 2.0% 6.1%

前走5着程度まで複勝率は大きく変わらないようです。
しかし、勝率は前走が3着から5着の馬が高くなっており、前走1着と2着を上回っています。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
CBC賞HG3 5- 1- 0-15/21 23.8% 28.6% 28.6%
函館スプG3 2- 2- 2-16/22 9.1% 18.2% 27.3%
韋駄天SH 1- 2- 1-11/15 6.7% 20.0% 26.7%
ルミエー 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
テレビH1600 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
バーデンH 0- 4- 2-29/35 0.0% 11.4% 17.1%
テレビユ1600 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%
米子SH 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
さくらん1000 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
知多特別1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
AQスG1 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走CBC賞組が1着になることが多く、同コースで行われる韋駄天ステークス組も要注意だと思われます。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense