第50回 函館2歳ステークス 予想&結果

2018年7月22日
函館競馬場 G3 第50回 函館2歳ステークス  芝1200m

◎ 11 ナンヨーイザヨイ
○ 5 カルリーノ
▲ 2 ガイセン
△ 4 トーセンオパール
× 12 ラブリロンリロンス

函館競馬場ではG3の函館2歳ステークスが行われます。
JRA最初の2歳重賞として行われますので、重賞勝利1番乗りはどの馬になるか非常に楽しみなレースです。
その反面、まだ出走数も少なく、距離適性なども分からない状態なので予想は難解です。

◎印は11 ナンヨーイザヨイ。
前走もこのコースで危なげない勝利を収めていますし、騎手も変わらず岩田康誠騎手ですから、大きく崩れることはないと思っています。
前走の走破タイムも優秀ですし、ここでも好勝負が期待できると思っています。

○印は5 カルリーノ。
前走、2走前とこのコースを走っていて、前走の新馬戦は0.3秒差4着に敗れましたが、前走の未勝利戦は0.2秒差をつけての1着。
稍重の馬場での走破タイムとしては優秀ですし、先行して上がり3F最速タイのタイムで上がってきていますので、能力は十分だと思っています。

▲印は2 ガイセン。
この馬の前走は福島競馬場での新馬戦でした。
そのため、函館競馬場への適性は分からないところです。
しかし、前走は大外からのスタートにも関わらず、果敢に先行して、2着に0.2秒差をつける危なげない勝利。
今回は内枠のスタートになりますから、前走よりも楽な展開になるのではと期待しています。

△印は4 トーセンオパール。
前走はこのコースで2着に0.3秒差をつける快勝。
牝馬限定戦だったのは少し気になりますが、この時期は牡牝であまり差はないと思っています。
前走は4番手追走から上がり3F最速タイムで2馬身差をつけていますし、その際に外を回った割には走破タイムもそれほど悪くはないと思っています。

×印は12 ラブリロンリロンス。
このレースは比較的荒れにくいレースだと思っていますが、今のところ非常に人気のないこの馬を×印にしてみました。
前走は函館競馬場のレースでしたが芝1000mでした。
稍重の馬場でのタイムとしてはそれほど悪くないと思いますし、7頭立てと少頭数でしたが、逃げて上がり3Fは2番目のタイムと上々のレースだったのではないかと思います。
ただ、評価が落ちているのは2着に入った馬が見せた最後の脚がこの馬をかなり上回るタイムであって、ゴールではクビ差まで追い詰められたためだと思われます。

【結果】
1着    6 アスターペガサス
2着   10 ラブミーファイン
3着 ○  5 カルリーノ
4着    8 エムティアン
5着 △  4 トーセンオパール

1着は6 アスターペガサスとなり小崎綾也騎手は初の重賞制覇。
最後にいい脚を使って良く追い込んできたと思います。
印を打った馬はあまり良くありませんでしたが、この時期の2歳戦ですし、結果はあまり気にしないでおこうと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense