第54回 農林水産省賞典函館記念 予想&結果

2018年7月15日
函館競馬場 G3 第54回 農林水産省賞典函館記念  芝2000m

◎ 7 トリコロールブルー
○ 5 スズカデヴィアス
▲ 4 クラウンディバイダ
△ 13 ナイトオブナイツ
× 9 カレンラストショー

函館競馬場ではG3の函館記念が行われます。
サマー2000シリーズの第2戦として行われており、この夏を盛り上げる馬がどの馬になるか楽しみです。

◎印は7 トリコロールブルー。
短期休養を挟みながら使われているので、4歳になっていますがまだ10戦しかしていない発展途上の馬といった感じです。
しかし、近走は1600万下、オープン特別を連勝し、重賞の鳴尾記念を3着と実力が開花しつつあります。
洋芝も昨年の夏に札幌競馬場で1000万下を勝っていますので、特に問題にしないと思います。
データ的に1番人気があまり成績が良くないことが不安材料です。

○印は5 スズカデヴィアス。
7歳馬になりますが、近走好調で、今が最盛期かもしれません。
前走は新潟大賞典で優勝、2走前は小倉大賞典で3着と好成績を残しています。
ローカル競馬場での好成績が多く、平坦小回りを得意としているように思えますので、ここでも期待したいと思います。

▲印は4 クラウンディバイダ。
前走の巴賞は0.1秒差4着となっていますが、今回はハンデが54kgと非常に楽になっています。
その巴賞の勝ち馬の13 ナイトオブナイツが同斤量の56kgでの出走ですから、逆転まで可能かなと思っています。
函館競馬場も前走の巴賞4着もそうですが、1000万下で2着に入っていますので、特に問題ないと思っています。

△印は13 ナイトオブナイツ。
前走の巴賞を優勝していますし、500万下でも快勝していますので、函館競馬場は得意な競馬場なのだと思います。
ただ、先述しましたが、オープン特別の巴賞で勝ったためにハンデが56kgと前走と変わらずとなっており、コースも比較的外枠に入ったこともあって、4 クラウンディバイダと逆転されるのではという懸念が生じています。

×印は9 カレンラストショー。
前走は初の重賞挑戦で新潟大賞典を12着と大敗。
とはいえ、タイム差は0.6秒ですから、それほど悲観する内容ではないと思います。
それまでは条件戦で常に上位争いを続けていましたので、クラス慣れした今回はハンデも54kgと軽くなっていますので、上位進出も可能かと思っています。
もともと前で競馬する馬ですから、最後の直線に坂がなく、短い函館競馬場はレースをしやすいのではないかと思います。
多少、右回りの競馬場であることは心配の一つにはなります。

【結果】
1着    6 エアアンセム
2着    3 サクラアンプルール
3着   14 エテルナミノル
4着   10 ブレスジャーニー
5着 ○  5 スズカデヴィアス

1着は5番人気の6 エアアンセム、2着は7番人気の3 サクラアンプルール、3着は13番人気の14 エテルナミノルと大きく荒れました。
7歳馬が非常に強かったですし、夏は牝馬そのままに3着に唯一の牝馬が突っ込んできました。
私が◎○印を打った2頭はちょっと位置取りが後ろ過ぎたかもしれません。
やはり函館競馬場では4コーナーで前にいないと厳しいなと思いました。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense