第54回 農林水産省賞典函館記念 過去10年のデータ分析

2018年7月15日
函館競馬場 G3 第54回 農林水産省賞典函館記念  芝2000m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ルミナスウォリアー
2016年 マイネルミラノ
2015年 ダービーフィズ
2014年 ラブイズブーシェ
2013年 トウケイヘイロー
2012年 トランスワープ
2011年 キングトップガン
2010年 マイネルスターリー
2009年 サクラオリオン
2008年 トーセンキャプテン

このレースの勝利後に活躍する馬はあまりいないようです。
とはいえ、夏と洋芝を得意とする馬も多いでしょうから、頑張って欲しいと思います。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
4歳 2- 3- 1- 10/ 16 12.5% 31.3% 37.5%
5歳 3- 1- 4- 29/ 37 8.1% 10.8% 21.6%
6歳 2- 1- 3- 41/ 47 4.3% 6.4% 12.8%
7歳 2- 2- 0- 25/ 29 6.9% 13.8% 13.8%
8歳 1- 2- 1- 12/ 16 6.3% 18.8% 25.0%

このレースにはまだ3歳の出走は少ないようです。
その他年齢では4歳が成績としては非常に優秀ですが、5歳以上はそれほど変わりないと思われます。

○斤量

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~49kg 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
49.5~51kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
51.5~53kg 0- 3- 1- 19/ 23 0.0% 13.0% 17.4%
53.5~55kg 4- 2- 5- 48/ 59 6.8% 10.2% 18.6%
55.5~57kg 5- 4- 4- 45/ 58 8.6% 15.5% 22.4%
57.5~59kg 1- 1- 0- 11/ 13 7.7% 15.4% 15.4%
59.5~ 0- 0- 0- 0/ 0

ハンデ戦ですが、あまり軽いハンデからは勝ち馬は出ていません。
しかし、複勝率は51.5kg以上であればあまり変わらないようです。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 2-16/19 0.0% 5.3% 15.8%
2枠 3- 2- 2-12/19 15.8% 26.3% 36.8%
3枠 4- 0- 0-16/20 20.0% 20.0% 20.0%
4枠 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0%
5枠 0- 2- 1-17/20 0.0% 10.0% 15.0%
6枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
7枠 0- 2- 1-17/20 0.0% 10.0% 15.0%
8枠 1- 0- 2-17/20 5.0% 5.0% 15.0%

勝ち馬は2枠と3枠から多数出ています。
特に2枠は連対率、複勝率も非常に高くなっており、内枠有利と言えるかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
平地・先行 3- 7- 4- 20/ 34 8.8% 29.4% 41.2%
平地・中団 4- 3- 3- 52/ 62 6.5% 11.3% 16.1%
平地・後方 0- 0- 1- 49/ 50 0.0% 0.0% 2.0%
平地・マクリ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%

連対率と複勝率は逃げ・先行が非常に有利となっています。
中団も上位に入ってくる絶対数は多いですから注意が必要です。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
2番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
3番人気 3- 0- 0- 7/ 10 30.0% 30.0% 30.0%
4番人気 4- 0- 0- 6/ 10 40.0% 40.0% 40.0%
5番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
6番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 0- 1- 5- 4/ 10 0.0% 10.0% 60.0%
8番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
9番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
13番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
14番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
15番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%

ハンデ戦らしく非常に荒れた結果になっています。
勝率と連対率は4番人気が一番高く、複勝率は7番人気が一番高くなっています。
逆に1番人気は2着2回のみとかなり寂しい結果になっています。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 1- 1- 17/ 21 9.5% 14.3% 19.0%
前走2着 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
前走3着 3- 1- 1- 9/ 14 21.4% 28.6% 35.7%
前走4着 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0%
前走5着 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
前走6~9着 1- 5- 3- 28/ 37 2.7% 16.2% 24.3%
前走10着~ 0- 2- 3- 50/ 55 0.0% 3.6% 9.1%

勝ち馬は前走5着以内で9頭となっており、前走の着順も重要ですが、2着馬は6着以下だった馬が7頭となっており、前走に関わらず検討する必要があります。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
目黒記念HG2 3- 0- 0- 8/11 27.3% 27.3% 27.3%
巴賞 2- 5- 4-41/52 3.8% 13.5% 21.2%
エプソムG3 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3%
新潟大賞HG3 1- 1- 1- 2/ 5 20.0% 40.0% 60.0%
金鯱賞G2 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0%
鳴尾記念G3 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
福島テレ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
天皇賞春G1 0- 2- 1- 8/11 0.0% 18.2% 27.3%
五稜郭SH 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
ジューン1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
NHKマG1 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走は同じ函館競馬場の巴賞組が多いようで、実績もそれなりに残しています。
上位に入るのはやはり前走が重賞だった馬が多いようです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense