第54回 七夕賞 過去10年のデータ分析

2018年7月8日
福島競馬場 G3 第54回 七夕賞  芝2000m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ゼーヴィント
2016年 アルバートドック
2015年 グランデッツァ
2014年 メイショウナルト
2013年 マイネルラクリマ
2012年 アスカクリチャン
2011年 イタリアンレッド
2010年 ドモナラズ
2009年 ミヤビランベリ
2008年 ミヤビランベリ

サマー2000シリーズの第一戦として七夕賞が行われます。
ただ、その後も引き続いて活躍する馬は少なく感じます。
やはりこの時期に走らなければいけない馬では秋のG1などは厳しいのかもしれません。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 0- 0/ 0
4歳 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
5歳 5- 4- 3- 33/ 45 11.1% 20.0% 26.7%
6歳 3- 4- 5- 41/ 53 5.7% 13.2% 22.6%
7歳 0- 0- 1- 22/ 23 0.0% 0.0% 4.3%
8歳 0- 1- 1- 12/ 14 0.0% 7.1% 14.3%

これまでに3歳の出走はありませんでした。
4歳も出走数は少ないのですが、成績は最も良くなっています。
しかし、出走数の多い5歳と6歳が中心と言えると思います。

○斤量

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~49kg 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
49.5~51kg 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
51.5~53kg 3- 2- 3- 29/ 37 8.1% 13.5% 21.6%
53.5~55kg 1- 3- 5- 39/ 48 2.1% 8.3% 18.8%
55.5~57kg 6- 3- 2- 38/ 49 12.2% 18.4% 22.4%
57.5~59kg 0- 2- 1- 10/ 13 0.0% 15.4% 23.1%
59.5~ 0- 0- 0- 0/ 0

51kg以下の軽ハンデの馬は3着以内に入ることは難しいようです。
その他のハンデは複勝率は大きく変わりませんが、勝率は55.5kg~57kgがトップとなっています。
ただ、51.5kg~53kgの比較的軽いハンデの馬も好走しやすいようです。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 2-15/18 5.6% 5.6% 16.7%
2枠 1- 2- 0-16/19 5.3% 15.8% 15.8%
3枠 1- 1- 0-17/19 5.3% 10.5% 10.5%
4枠 2- 2- 4-11/19 10.5% 21.1% 42.1%
5枠 1- 2- 2-15/20 5.0% 15.0% 25.0%
6枠 2- 2- 1-15/20 10.0% 20.0% 25.0%
7枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0%
8枠 1- 1- 1-18/21 4.8% 9.5% 14.3%

4枠の複勝率がかなり高くなっています。
複勝率は4枠から6枠が全体的に高くなっていますが、勝ち馬は全枠から満遍なく出ています。
ただ、7枠と8枠の外枠は多少不利に思えます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 0- 1- 8/ 11 18.2% 18.2% 27.3%
平地・先行 5- 2- 3- 28/ 38 13.2% 18.4% 26.3%
平地・中団 2- 5- 5- 48/ 60 3.3% 11.7% 20.0%
平地・後方 1- 3- 2- 41/ 47 2.1% 8.5% 12.8%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

勝率と連対率は逃げ・先行が圧倒的に有利になっています。
しかし、複勝率は中団も高くなっているので、軽視は禁物と思います。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 1- 2- 4/ 10 30.0% 40.0% 60.0%
2番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
4番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
5番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
6番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
7番人気 2- 1- 2- 5/ 10 20.0% 30.0% 50.0%
8番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
11番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2%
15番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

ハンデ戦ですが1番人気は優秀な成績と言えると思います。
次いで7番人気となっていることから、比較的荒れやすい傾向はあると思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 1- 0- 3- 13/ 17 5.9% 5.9% 23.5%
前走2着 2- 0- 1- 11/ 14 14.3% 14.3% 21.4%
前走3着 0- 2- 0- 6/ 8 0.0% 25.0% 25.0%
前走4着 2- 1- 1- 5/ 9 22.2% 33.3% 44.4%
前走5着 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
前走6~9着 1- 2- 3- 33/ 39 2.6% 7.7% 15.4%
前走10着~ 3- 5- 2- 51/ 61 4.9% 13.1% 16.4%

最も成績が良いのは前走4着となっており、前走1着の勝率と連対率はかなり低くなっています。
比較的前走に関わらず好走する馬は好走していると言えると思います。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
鳴尾記念G3 2- 2- 0-10/14 14.3% 28.6% 28.6%
福島テレ 1- 1- 2- 9/13 7.7% 15.4% 30.8%
目黒記念HG2 1- 1- 0-12/14 7.1% 14.3% 14.3%
エプソムG3 1- 0- 4-21/26 3.8% 3.8% 19.2%
関ケ原H1600 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
マーメイHG3 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
都大路S 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
アメリカG2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
東京新聞G3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
新潟大賞HG3 0- 2- 0- 7/ 9 0.0% 22.2% 22.2%
ダイヤモHG3 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
仁川S 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ヴィクトG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
DSCG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
福島民報 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
米子S 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
産経大阪G2 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
芦ノ湖H1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
アハルテH 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走が重賞だった馬の好走が目立ちます。
それでも福島テレビオープンの複勝率が高くなっているように、福島競馬場の適性も重要かと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense