第54回 CBC賞 予想&結果

2018年7月1日
中京競馬場 G3 第54回 CBC賞  芝1200m

◎ 12 ダイメイフジ
○ 8 アレスバローズ
▲ 16 ペイシャフェリシタ
△ 6 アクティブミノル
× 2 トウショウピスト

中京競馬場ではG3のCBC賞が行われます。
秋競馬に向けて賞金加算をもくろむ馬にとって重要なレースです。
ここを勝って、十分に休養して、秋に弾みをつけたいところだと思います。

◎印は12 ダイメイフジ。
前走の安土城ステークスでは、次走で安田記念を勝ったモズアスコットをクビ差退けての勝利。
ハンデ差が1.5kgあったので、そのまま額面どおりには受け取れませんが、好調であることは間違いないと思います。
この馬は芝1200mでは2-2-1-0と3着以内を外したことが無い事も魅力の一つです。
芝1400mでは大敗もありますが、基本的には安定した成績を残しています。

○印は8 アレスバローズ。
ここ2走のオープン特別では最後にいい脚は使っているのですがあと一歩届かない競馬となっています。
中京競馬場や新潟競馬場で好成績を残していますから左回りは問題ないと思いますし、最後の直線が長くなる中京競馬場は後ろから競馬するこの馬にとっては、好条件だと思っています。
もちろん騎手が川田将雅騎手に乗り替わりも強調したいところです。

▲印は16 ペイシャフェリシタ。
前走の春雷ステークスは優勝していますし、2走前の阪急杯は0.1秒差5着と好走。
中京競馬場も4戦2勝と相性も良いですから、ここも期待したいところです。
もともと相手なりに走る馬ですから、大敗することは考えにくいと思っています。

△印は6 アクティブミノル。
近走は少し成績は悪いですが、昨年のこのレースは0.3秒差3着と好走しています。
中京競馬場では2年前の高松宮記念で0.4秒差4着もありますから、比較的得意としている競馬場だと思います。
今回は福永祐一騎手に乗り替わりになっていることも注目したいところです。

×印は2 トウショウピスト。
1頭くらいは人気のないところをと選んだのがこの馬です。
前走は安土城ステークスで0.1秒差5着とまずまずの成績。
その前4走が重賞、オープン特別で2桁着順だったのでまだ信頼は置けないとは思います。
今回は比較的得意としている芝1200mに出走ということで、もしかしたら逃げ切れる可能性があるかもしれないと思っています。
これまで主戦場にしてきた芝1400mや芝1600mでは少し長いのかもしれないと思っています。

【結果】
1着 ○  8 アレスバローズ
2着   10 ナガラフラワー
3着    9 セカンドテーブル
4着   18 アサクサゲンキ
5着    3 レーヴムーン

1着は印を打った8 アレスバローズが入ってくれました。
2着から5着までは無印でしたが、2着と3着の馬は騎手で切ってしまってました。
最後の選択をするときにはやはり騎手の要素が重要だと思っています。
今回はそれが裏目に出た感じです。
結果だけ見れば、ハンデ戦らしい結果だったような気もします。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense