第23回 ユニコーンステークス 過去10年のデータ分析

2018年6月17日
東京競馬場 G3 第23回 ユニコーンステークス  ダート1600m

◆過去10年の優勝馬

2017年 サンライズノヴァ
2016年 ゴールドドリーム
2015年 ノンコノユメ
2014年 レッドアルヴィス
2013年 ベストウォーリア
2012年 ストローハット
2011年 アイアムアクトレス
2010年 バーディバーディ
2009年 シルクメビウス
2008年 ユビキタス

このレースは大井競馬場で行われる地方交流G1のジャパンダートダービーの前哨戦と言えるレースだと思います。
そこを見据えてのレースになりますので、どの陣営も気合いを入れて臨んでいると思います。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 2- 1-16/19 0.0% 10.5% 15.8%
2枠 1- 0- 2-17/20 5.0% 5.0% 15.0%
3枠 1- 0- 2-17/20 5.0% 5.0% 15.0%
4枠 2- 2- 0-16/20 10.0% 20.0% 20.0%
5枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%
6枠 4- 0- 0-16/20 20.0% 20.0% 20.0%
7枠 1- 2- 3-14/20 5.0% 15.0% 30.0%
8枠 0- 2- 3-15/20 0.0% 10.0% 25.0%

6枠から勝ち馬が4頭出ているのに対して、1枠からは1頭も出ていない結果となっています。
このコースはスタート地点が芝で内枠ほど芝を走る距離が短くなるので、その分外枠が有利と言えると思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
平地・先行 5- 4- 3- 34/ 46 10.9% 19.6% 26.1%
平地・中団 4- 2- 5- 40/ 51 7.8% 11.8% 21.6%
平地・後方 1- 3- 3- 44/ 51 2.0% 7.8% 13.7%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

先行が有利と言えるようですが、中団も多少低いですが、ほぼ同等と言えると思います。
最後の直線の長い東京競馬場ですから後方が比較的健闘していることは要注意だと思います。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 3- 0- 3/ 10 40.0% 70.0% 70.0%
2番人気 3- 3- 1- 3/ 10 30.0% 60.0% 70.0%
3番人気 3- 1- 4- 2/ 10 30.0% 40.0% 80.0%
4番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
7番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
8番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気から3番人気までで10-7-5-8となっていますので、上位人気にはあまりさからえないと思います。
そのため、それほど荒れないレースだと思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 6- 6- 4- 49/ 65 9.2% 18.5% 24.6%
前走2着 2- 2- 3- 10/ 17 11.8% 23.5% 41.2%
前走3着 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
前走4着 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
前走5着 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 0- 1- 0- 22/ 23 0.0% 4.3% 4.3%
前走10着~ 0- 0- 2- 29/ 31 0.0% 0.0% 6.5%

前走1着から4着までの馬で10-9-9-71となっており、前走で好走していないと上位に入ることは難しいようです。
ただ、前走3着だけは成績は少し悪くなっています。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
兵庫CG2 3- 1- 1- 5/10 30.0% 40.0% 50.0%
昇竜S 2- 0- 1- 9/12 16.7% 16.7% 25.0%
端午S 1- 3- 0-12/16 6.3% 25.0% 25.0%
青竜S 1- 2- 3-10/16 6.3% 18.8% 37.5%
500万下* 1- 1- 1-38/41 2.4% 4.9% 7.3%
鳳雛S 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
三浦特別1000 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
いぶき賞 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0%
伏竜S 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
ファルコG3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
NHKマG1 0- 0- 1-10/11 0.0% 0.0% 9.1%
UダーG2 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
ヒヤシン 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%

上位に入っているのは前走がダートの重賞かオープン特別だった馬が多いです。
前走芝のレースに出走していた馬は少し割引で良いと思います。