第35回 エプソムカップ 予想&結果

2018年6月10日
東京競馬場 G3 第35回 エプソムカップ  芝1800m

◎ 10 ダイワキャグニー
○ 5 グリュイエール
▲ 9 スマートオーディン
△ 2 ベルキャニオン
× 4 トーセンマタコイヤ

東京競馬場ではG3のエプソムカップが行われます。
秋に向けての大事な一戦になりますので、ここで勝つと、秋のローテーションが非常に楽になると思われます。

◎印は10 ダイワキャグニー。
ほとんどのレースを東京競馬場で使われていて、非常に得意としているコースと言えると思います。
2走前の東京新聞杯は0.2秒差3着、5走前の毎日王冠では0.2秒差4着と重賞実績もあり、今回も好走が期待されると思います。
前走はメイステークスをトップハンデで優勝しており、初の重賞制覇を期待したいところです。

○印は5 グリュイエール。
前走は2年以上の休養明けで1600万下を快勝。
この休養期間が良い成長期間になったのかもしれません。
前走の勝利は東京競馬場芝2000mですから、コースも特に問題ないと思われますので、今の状態なら好勝負が期待できると思います。

▲印は9 スマートオーディン。
この馬も2年前のダービー以来となる長期休養明け。
しかし、2歳と3歳の時にすでに重賞を3勝しており、実力は今回のメンバーでも上位にランクすると思います。
東京競馬場は3戦1勝とあまり得意ではないかもしれません。
それでも今回のメンバーであれば、長期休養開けといえども、好走を期待したいところです。

△印は2 ベルキャニオン。
エプソムカップと相性の良いマイラーズカップからの参戦になります。
2走前の東京新聞杯で0.3秒差7着などの実績もありますので、東京競馬場もそれほど苦にしないと思われます。
どちらかと言えば、相手なりに走るタイプだと思いますが、この特殊な形状のコースでの先行馬の内枠は比較的有利だと思っていますので、うまく走って欲しいと思います。

×印は4 トーセンマタコイヤ。
この馬も内枠に入った人気薄になります。
前走は新潟大賞典で0.3秒差5着となっており、7歳馬ですがまだまだ上位を狙えると思っています。
前走新潟大賞典も比較的相性は良く、過去10年で勝ち馬を2頭輩出しています。
こちらも内枠をうまく利用して、上位進出を期待したいと思います。

【結果】
1着   16 サトノアーサー
2着    6 ハクサンルドルフ
3着 ○  5 グリュイエール
4着    8 サーブルオール
5着    3 エアアンセム

1着は大外から16 サトノアーサーとなりました。
思った以上に雨が降ったようで馬場は重まで悪化したので、その適性が試されたような感じです。
そこを読み違えなくても、ここまで外せば言い訳できないなと思います。
良いデータになったと思って次に頑張ります。