第68回 農林水産省賞典安田記念 予想&結果

2018年6月3日
東京競馬場 G1 第68回 農林水産省賞典安田記念 芝1600m

◎ 5 ペルシアンナイト
○ 15 サングレーザー
▲ 14 リスグラシュー
△ 1 スワーヴリチャード
× 8 キャンベルジュニア

今日は東京競馬場でG1の安田記念が行われます。
春のマイル王決定戦となりますので、出走するメンバーも超一流で非常に悩ましいところです。
レースのテレビ中継が待ち遠しいです。

◎印は5 ペルシアンナイト。
昨年のマイルチャンピオンシップの覇者で前走も大阪杯で0.1秒差2着。
出走馬のうちマイル適性がある馬ではナンバー1の実力ではないかと思っています。
東京競馬場のマイル戦の富士ステークスでは大敗していますが、このレースは不良馬場ですから、少し追い切れなかった面があると思っています。
最後は確実な末脚を使ってくる馬ですから、直線の長い東京競馬場は合うと思っています。

○印は15 サングレーザー。
短距離では無類の安定感を誇っており、前走のマイラーズカップではレコード勝ちとなっています。
この馬もマイルは非常に合うと思っていますが、外枠に入ってしまったのが少し難点かと思います。
この馬も昨年のマイルチャンピオンシップに出走していて5 ペルシアンナイトから0.1秒差3着。
3歳馬で斤量も同じでしたから、この差がどこまで埋まったかが問題になると思います。

▲印は14 リスグラシュー。
そろそろG1の勲章が一つ欲しい馬だと思います。
G1で2着好走が3回とその実力は誰もが認めるところ。
得意の東京競馬場芝1600mであれば、牡馬を蹴散らすシーンも見られるかもしれません。
前走は同コースのヴィクトリアマイルでハナ差届かず2着。
今度こそはの思いは強いと思います。

△印は1 スワーヴリチャード。
初のマイル戦への適性がどうかというところだと思います。
比較的展開に注文がつかない馬なので、1枠1番であれば、前に付けて引っ張るのではないかと思います。
前走は大阪杯で優勝していますので、軽くは見られませんが、マイルが合うかどうかは走ってみないと分からないと思います。

×印は8 キャンベルジュニア。
一時期低迷していたときがありますが、ここ2走は重賞で2着に入っていますから、復調してきたと見て良いと思います。
前走は東京競馬場芝1400mの京王杯スプリングカップで頭差2着ですし、2走前は中山競馬場芝1600mのダービー卿チャレンジトロフィーで1/2馬身差2着ですから、マイルも東京競馬場もそれほど問題にはならないと思っています。

【結果】
1着   10 モズアスコット
2着    4 アエロリット
3着 △  1 スワーヴリチャード
4着    2 サトノアレス
5着 ○ 15 サングレーザー

1着は9番人気の10 モズアスコットとなり波乱でした。
この馬はマイラーズカップは15 サングレーザーの2着だったので、気にはしていたのですが、前走オープン特別でも2着だったので甘く見ていました。
そのオープン特別を今見ると、トップハンデで上がり3Fは最速の脚を使って、クビ差のレースだったのですね。
ルメール騎手が乗っていたことも相まって、軽く見るんじゃなかったと思っています。