第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念 過去10年のデータ分析

平成29年1月8日
京都競馬場 G3 第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

H28 ロジクライ
H27 グァンチャーレ
H26 ミッキーアイル
H25 エーシントップ
H24 ジェンティルドンナ
H23 レッドデイヴィス
H22 ガルボ
H21 アントニオバローズ
H20 ドリームシグナル
H19 アドマイヤオーラ

このレースは優勝馬からミッキーアイルやジェンティルドンナのようなG1馬を輩出している伝統あるレースです。
優勝していなくても、H23の2着馬にオルフェーヴルもいて、将来有望な馬が参戦するといえるレースだと思います。
今年も今後活躍する馬を発見できれば楽しいと思っています。

◆過去10年のデータ分析

騎手では浜中俊騎手が4-0-1-2と非常に得意としているレースです。
今年も参戦しているようですので、目を離せない1頭になるかもしれません。

枠番では比較的内枠が有利と思われます。
1枠と2枠は3着内率が30%超、3枠と4枠は3着内率が20%超、5枠より外は3着内率が10%台と分かりやすくなっています。
外枠でも7枠は勝ち馬も2頭いますし、3着内率も19.0%と比較的健闘しているとは思います。

脚質では逃げ・先行が圧倒的に有利となっています。
逃げは2-1-1-6、先行は5-4-4-25と連対率は20%超、3着内率は30%超となっています。
逆に中団・後方は中団が2-3-4-41、後方が1-2-1-44とあまり成績は良くありません。
外回りコースなのでそれほど後ろからの馬が不利とも思いにくいのですが、やはりこの時期の有力馬は普通に走っていても前につけられるのかもしれません。

単勝人気では1番人気が3-1-0-6、2番人気が3-2-1-4と人気馬が好走することが多いです。
逆に人気のないところでも9番人気が0-4-0-6と勝てないまでも2着が4回と紐荒れすることが目立つレースといえるかもしれません。
単勝オッズでは1桁台の馬が8勝と軸には人気馬に逆らうことがあまり良い結果には結びつかないと思われますが、2着は4頭しか入っていません。
逆に10.0倍から29.9倍の馬は2勝2着5回と好走しています。
紐には人気のない馬まで広く狙った方が良い結果になるかもしれません。

生月では5月生が5-2-2-22と好成績です。
3月生も2-3-1-35となっているので、率は悪いですが、出走頭数が多いので、3着内に入ってくることは多いので注意が必要です。

前走の距離は同距離が7-5-5-58、±200mで10-9-8-87となっているので、1400mから1800mを走って、このレースに臨んでいる馬が有利といえると思います。