第55回 スポーツニッポン賞京都金杯 予想&結果

平成29年1月5日
京都競馬場 G3 第55回 スポーツニッポン賞京都金杯 芝1600m

◎ 4 ブラックムーン
○ 5 フィエロ
▲ 12 ミッキージョイ
△ 6 エアスピネル
× 1 ブラックスピネル

京都競馬場ではG3のスポーツニッポン賞京都金杯が行われます。
中山金杯とは違って、なかなかの好メンバーが揃ったような気がします。
これはこれで予想が非常に難しくなってしまうので困りものですが・・・。

◎印は4 ブラックムーン。
重賞初挑戦の前々走の富士ステークスは残念ながら0.4秒差6着。
今回は2度目の重賞挑戦になるのですが、2-2-1-0と得意にしている京都競馬場ですから、優勝まであると思っています。
堅実性のある走りが魅力的で、昨年は上記した富士ステークス以外はすべて3着以内に入っています。
もちろん、前走はオープン特別で2着に0.5秒差をつけて勝利していますから、実力的にも期待できると思っています。

○印は5 フィエロ。
前走が阪神カップということなので連闘ということになります。
馬齢も8歳ということで、もともとあまり戦績の良くない8歳馬にも関わらず、疲れが取れているかどうかが非常に心配なところです。
しかしながら、斤量が57.5kgとトップハンデになっていることからも分かるように、実績は他馬を寄せ付けないものがあります。
前走の阪神カップもシュウジ、イスラボニータの頭、クビ差の0.0秒差3着と好走しています。
マイルのG1でもマイルチャンピオンシップで2着2回、安田記念で3着1回と安定した戦績。
疲れが残っていなければ、十分に戦えると思っています。

▲印は12 ミッキージョイ。
今まで中山競馬場と東京競馬場でしか走ったことのない生粋の関東馬です。
この馬にわざわざ関東から主戦の横山典弘騎手が乗りに来ていることに何かを感じます。
前々走は大きく敗れていますが、勝つときは余裕の勝利という感じです。
おそらく、陣営はかなり自信があるのではないかと思っています。
ただ、前走は1600万下での勝利であって、重賞初挑戦ですから、印はここまでにしました。

△印は6 エアスピネル。
今のところ圧倒的な1番人気ですが、発走の頃にはどうなのでしょうか。
2歳時のマイル戦の戦績は2勝2着1回、2着だったのはG1の第67回朝日杯フューチュリティステークスとなっていますから、本質的にはマイル前後が得意な馬なのでしょう。
昨年はクラシック3冠レースにはすべて出走していて、皐月賞4着、東京優駿4着、菊花賞3着とすべてに惜しい結果。
実力は認めますが、前走が菊花賞の3000mから今回はいきなり1600mに大きな距離短縮となりますので、少し戸惑うのではないかと思っています。
将来的にはマイルのG1で活躍できるだけの素質はあると思いますが、今回は△印までにしておきます。

×印は1 ブラックスピネル。
古馬と戦うようになってからも大きく負けていないのですが、今ひとつ力が足りないような感じです。
とはいえ、京都競馬場では2-0-1-1と比較的得意としているような感じがあります。
この得意の京都競馬場ならば重賞挑戦でもいい戦いをしてくれるのではないかと思います。

【結果】
1着 △  6 エアスピネル
2着 ×  1 ブラックスピネル
3着 ○  5 フィエロ
4着   14 アストラエンブレム
5着   15 マイネルハニー

1着は△印を打った6 エアスピネル。
やはり圧倒的な1番人気になる馬は強いですね。
ただ、2着3着との差はハナ、1/2馬身とそれほど楽勝ではなかったような感じです。
それでも3000mの菊花賞からの一気の距離短縮にも関わらず、これだけ走れたことは立派だと思います。
今後はマイル前後を中心に使われるのでしょうね。