第68回 農林水産省賞典安田記念 過去10年のデータ分析

2018年6月3日
東京競馬場 G1 第68回 農林水産省賞典安田記念 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

2017年 サトノアラジン
2016年 ロゴタイプ
2015年 モーリス
2014年 ジャスタウェイ
2013年 ロードカナロア
2012年 ストロングリターン
2011年 リアルインパクト
2010年 ショウワモダン
2009年 ウオッカ
2009年 ウオッカ

上半期の最強マイラー決定戦ということもあり、歴代の勝利馬はやはり錚々たるメンバーが揃っています。
今年戴冠するのはどの馬になるのか今から非常に楽しみです。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
4歳 2- 2- 1- 25/ 30 6.7% 13.3% 16.7%
5歳 3- 3- 3- 45/ 54 5.6% 11.1% 16.7%
6歳 4- 2- 5- 38/ 49 8.2% 12.2% 22.4%
7歳 0- 3- 1- 20/ 24 0.0% 12.5% 16.7%
8歳 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%

まだ3歳馬の出走は少ないですが、優勝馬も出ていますし、無視は禁物かと思います。
その他の年代では複勝率では4歳から7歳まで大きく変わりませんが、7歳からは優勝馬が出ていないことには注意が必要です。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 2- 1-16/19 0.0% 10.5% 15.8%
2枠 2- 1- 3-13/19 10.5% 15.8% 31.6%
3枠 2- 1- 1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
4枠 0- 0- 1-18/19 0.0% 0.0% 5.3%
5枠 3- 1- 0-16/20 15.0% 20.0% 20.0%
6枠 0- 2- 2-16/20 0.0% 10.0% 20.0%
7枠 2- 1- 1-23/27 7.4% 11.1% 14.8%
8枠 1- 2- 1-25/29 3.4% 10.3% 13.8%

やはり2枠3枠といった内枠が走りやすそうです。
しかし、7枠や8枠も、複勝率は今ひとつですが、勝ち馬は出ていますから、それほど問題はないようです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 3- 2- 2- 28/ 35 8.6% 14.3% 20.0%
平地・中団 5- 5- 2- 66/ 78 6.4% 12.8% 15.4%
平地・後方 1- 2- 6- 40/ 49 2.0% 6.1% 18.4%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

東京競馬場ということもあり、中団・後方の馬も十分に勝負できているようです。
それでも最も成績が良いのは、先行になっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 1- 0- 5/ 10 40.0% 50.0% 50.0%
2番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
3番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
4番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
5番人気 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
6番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
7番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
9番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
10番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
13番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
14番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
16番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
17番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気と2番人気から勝利馬は6頭出ていますが、7番人気から9番人気でも4頭出ています。
2着や3着も中位人気まで少しずつ出ていますので、比較的荒れやすいレースかもしれません。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 5- 2- 1- 33/ 41 12.2% 17.1% 19.5%
前走2着 2- 4- 0- 24/ 30 6.7% 20.0% 20.0%
前走3着 1- 1- 4- 17/ 23 4.3% 8.7% 26.1%
前走4着 1- 0- 1- 18/ 20 5.0% 5.0% 10.0%
前走5着 0- 0- 2- 11/ 13 0.0% 0.0% 15.4%
前走6~9着 1- 3- 1- 16/ 21 4.8% 19.0% 23.8%
前走10着~ 0- 0- 1- 23/ 24 0.0% 0.0% 4.2%

前走1着が1着5回となっており、勝率は非常に高くなっています。
しかし、複勝率では前走6~9着まで大きく変わらず、上位に入る必須条件ではなさそうです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
京王杯スG2 2- 3- 2-32/39 5.1% 12.8% 17.9%
ヴィクトG1 2- 0- 0-12/14 14.3% 14.3% 14.3%
ダービーHG3 2- 0- 0- 4/ 6 33.3% 33.3% 33.3%
高松宮記G1 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
NHKマG1 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
メイS 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
DDFG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
産経大阪G2 0- 2- 1- 3/ 6 0.0% 33.3% 50.0%
CマイG1 0- 2- 0-15/17 0.0% 11.8% 11.8%
マイラーG2 0- 1- 7-34/42 0.0% 2.4% 19.0%
中山記念G2 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
マイルチG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%

3着内に入っている馬はほとんどが前走重賞となっています。
出走馬の多いマイラーズカップはあまり成績が良くないことは気にした方が良いかもしれません。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense